頑固な肩こりを枕でアプローチ→肩楽寝・横楽寝を使ってみた→治った【オススメアイテム】

美容と健康

枕が原因の肩こりに対処してみよう

タイトルだけで全部の内容がわかるかもしれませんね、本日のブログ。

職業柄、慢性的な首こり、肩こりに悩まされていたんですが、どうも肩こりのピークが「仕事後」ではなく「寝起き」であることにようやく気がつき。

「これ、枕が原因なんじゃね?」

と、枕を変えてみることにしました。

今までの枕→高過ぎOR低すぎで安定していなかった

今まで使っていたのは、低反発のごくごく普通の枕。

だが、パンパンに張った低反発枕は、私の首には高かったのである。

つまりこんな感じ。

首痛い

仰向けに寝ると頭が下を向いてしまい、首の後ろは伸ばされっぱなし、気道はふさがれっぱなしになってしまう。

だからといって、バスタオルを折って枕代わりにすると、こうなる。

首痛い

肩幅のある私は、片方の側の首が伸ばされ、もう片方の側が縮まりっぱなしになる。

それが20秒やそこらなら、ストレッチ効果にでもなるのだが、長時間だとそりゃ負担にもなる。

横向き寝でも仰向け寝でも使い心地の良い枕を

でもって、私は「寝る前は仰向けでも、いつの間にか必ず横向きで寝てしまう」クセがあるようなので、「横向きでも仰向けでも対応可能な枕」を求めることに。

そんなナイス枕はあるのだろうかと、行きつけの整体の院長に聞いたところ。

院長

ああ、私「肩楽寝」って枕を使ってますが、使って数年このかた、寝違えたことすらないですね。

とステキ情報をゲット。

この院長。

なりはマッチョマンだが、腕は確かだ。

その院長のおすすめ商品ならきっといけると思い、さっそく「肩楽寝」なる物を検索。

どうやら、肩楽寝シリーズには「首楽寝」「横楽寝」という物があるそうだ。

横向き寝の私にとっても朗報じゃないか。

早速「横楽寝」の注文

と言うわけで、早速アマゾンで注文。

横楽寝

因みに、バージョンが新しくなっており、「横楽寝」が「もっと横楽寝」になっており、さらなる期待感がもてる。

中にはストローのようなパイプの予備と、それらがつまったちょっと重たい枕が内蔵。

どうやら、自分の首や肩の高さに合わせて、真ん中・左右どちらも高さ調整が出来るようだ。

横楽寝

千夜
千夜

すげぇ、5000円でオーダーメイド並の枕ですよ

しかも、左右の高さも自分で合わせられるから、横を向いたときもばっちし。

横楽寝えお一晩使った後の感想

一言で言うなら、

千夜
千夜

使った翌日から肩こり・首こりが消えた

というところだ。

寝起きに枕がずれていることもなく、あと、中のパイプが湿気を排除してくれるので、使い心地も良い。

強いて言えば、枕の形状が普通ではないので、枕カバーが独自の物を買わないといけないのが、ちょっと難点。

だが、この長い間悩まされていた「寝起きの肩こり」がなくなっているのが、体感できたのは素晴らしい。

旦那は首楽寝を購入

一方旦那は、私の寝起きの快適さにうらやましくなったのか、「もっと首楽寝」を購入。

どうやら、彼は寝起きの首の痛みに悩まされていた様子。

千夜
千夜

私としてはスマホの使いすぎによるストレートネックだと思うけどね

言い出したら止まらない旦那のせいで、あっという間に首楽寝が家に届く。

首楽寝

こちらは、私の横楽寝と違い、そば殻内蔵。

形も仰向けで寝たときに、首が楽になる形状になっている。

もちろん、高さの調節はできるし、首楽寝の場合それでも高さが低い人向けに、薄い低反発のマットが1枚ついていた。

同じく5000円でオーダーメイド並の装備だ。

首楽寝の感想

私も使わせてもらったのだが、これもこれで、寝心地が良い。

というか、疲れていて、余り寝返りをしてないであろう日は、首楽寝の方が朝楽に起きられる。

横楽寝よりやや軽いので、枕が動きやすいのだが、不思議とフィットするので、朝起きたら枕がふっとんでいた……ということもなく、首回りが非常に楽だったのだ。

まとめ

・慢性的な肩こりの人は、一度枕を見直すとよいかも
・寝起きに首が痛くなるタイプの人には「首楽寝」がおすすめ

・横向いて寝るタイプで、肩が痛くなる人は「横楽寝」がおすすめ

因みに、首の高さや肩幅などにより、この肩楽寝シリーズには「男性用」「女性用」と別れて売っているが、肩幅に定評がある私でも「横楽寝」は女性用で大丈夫だったし、ストレートネックで、断崖絶壁頭の旦那でも、一番低い状態にした男性用の「首楽寝」で大丈夫だったので、余り気にしないでも大丈夫かも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました