お手頃価格でセミオーダー枕!?ニトリの高さが10ヵ所調整できる枕を使ってみた感想

ニトリの高さが10ヵ所調整できる枕美容と健康

ニトリの高さが10ヵ所調整できる枕の使い心地をお伝えします

以前、肩楽寝シリーズの横楽寝・首楽寝という、整体師が考えた枕を紹介しましたが……。

流石に数年使って、ヘタレてしまい、さらには洗えない中の方の布までほんのりカビが生えてしまい……。

千夜
千夜

ヒイィィィッ!?

とばかりに、処分せざるを得なくなってしまいました(TT)

でもって、新たに『もっと肩楽寝』でも購入しようかと思った矢先……。

なんと、ニトリで10か所の高さを自由に変えられる、セミオーダー枕が売っているという情報を耳にして、『近くて、早く買える方がいいじゃん』と、ニトリに向かうことにしたのです。

ニトリ 高さが10ヵ所調整できる枕 

ニトリの『高さが10ヵ所調整できる枕』とは、その愚直な名前の通り、高さを計10か所の高さで調節できる枕で、パイプバージョンと粒綿バージョンとそば殻バージョンの3パターンあります。

10か所別れて調節できるので、左右は高く、真ん中は低く……など、自分の好み&体形に合わせて変えられるので、もはやセミオーダーというものですよ!!

そしてお値段税込み4,990円!!

千夜
千夜

税金を見越してギリギリ5000円以下にする、憎い価格設定!!
これぞ、お値段以上!!

オーダー枕だと一万円は軽くオーバーするので、これはお買い得。

肩楽寝より500円ほどお安いこともあり、お財布ゆるゆるにして購入してきました。

中の様子

ニトリの枕

こちらが購入した枕。

チョット悩んだのですが、感触と、重さと、通気性と、衛生面的な部分から、今回はパイプタイプをチョイス。

そば殻だと感触は良いのですが、重いし、通気性がやや悪いので、またカビが生えるのではないか……。

粒わただとフワフワ感は良さそうだけど、反発性が低いのではないか等を、私の浅はかな頭で考えた結果ですが、絶対どれも一長一短なので、パイプもそば殻も粒わたでも、好きなものを選べば良いと思います。

パイプ枕
開けてみると肩楽寝等と似た感じの形の枕

枕自体は、肩楽寝等、機能性枕(?)と同じ感じの作りをしており、開けたては枕の中身が詰まっていてパンパン。

チャック
二重構造になっているのが良い

裏のチャックを空けてみると、そこにはさらにチャックが……!!

チャックは中央・左右・中央上につけられており、そこからパイプを出したり入れたりして、高さを調整できる模様。

パイプ
中央パイプは結構減らしてもイケた

また、全体調整用のウレタンシートが1枚。

部分調整用のウレタンシートが、左右、中央、頭頂部部分と、首の付け根部分あって、計10ヵ所。

ウレタンシート
全体用のシート1枚使うよりももっと細かく調整できる

何となく、誤魔化された感が無きにしも非ずですが、セミオーダーなので、こんなもの。

ウレタンシートを出し入れしたり、パイプを増やしたり減らしたり……。

ウレタンシート
入れるときに注意しないとちょっと団子になるウレタンシート

2~3日かけて寝心地を検証して、ベストな状態にもっていくと……。

感想

ニトリの枕
こだわりの一品に

寝起きの肩こり、首こり、寝違えは皆無。

私は全体のウレタンシートを抜いて、左右高め、中央低め、首の部分はやや高めの、横向き仕様にしたのですが、これはもう、横楽寝と同じ使用感!!

  1. 難点は、この調整にちょっと時間がかかること。
    (寝て起きて翌朝の状態でまた調整するので)
  2. パイプがややヘタレやすいこと。
    (1年位でヘタレて高さが半分くらいになったので、とっておいたパイプを追加した)
  3. 全体的にやや低めなので、男性だとちょっと低く感じるかも。

と、この3点くらい。

それすら、「この値段帯でセミオーダーできるんだから文句言うなよ」というほどの優秀な枕。

あと、一番褒められる点は、こうした機能系枕なのに特殊な形ではないので、『普通の枕カバーが使える!!』ということ!!

もちろん、枕カバーもニトリで買えるし、安いしで、お値段以上の王様です。

オーダー枕が欲しいけど、ちょっと高いし……という方にはお勧めだし、私はこれがダメになったらリピート購入予定なので、ニトリで廃盤とならずにぜひレギュラーでいて欲しい一品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました