卵が皮の珍しい餃子『蛋餃』を作ろう!!

蛋餃食レポ&レシピ
広告

薄焼き卵が皮代わり『蛋餃(ダンジャオ)』の作り方と感想

先日たまたま中国の料理の動画を観たんですよ。

ご年配の、山奥に住むおばあちゃんがでっかい豚肉を川の水で洗うところから始めて、中華包丁でその豚肉をミンチにして、お玉を炭火で加熱しつつ一枚一枚薄焼き卵を作って……。

出来上がったのが卵の薄焼きで包んだ餃子!!

あまりに美味しそうだったので、食いしんBOWの私。

早速レシピを探して作ってみました!!

蛋餃(ダンジャオ)とは?

鶏蛋(鶏の卵)の「蛋」と餃子の「餃」を掛け合わせて作った名前の通り、卵の薄焼きで包んだ餃子のこと。

普段から料理を作っている方ならこの文字ですぐにわかると思うが、絶対に手間がかかる。

普通の餃子だって手間がかかるのに、さらにもうひと手間かかることが目に見えてわかる。

だから日本ではメジャーにならなかったのかもしれないが、私がメジャーにしてやろう。

そう思うほど、この『蛋餃』めちゃくちゃ美味しかったのだ。

蛋餃の材料

材料

食いしん坊の2人前分で……

  • 豚ひき肉……250~300gくらい
  • 生姜チューブ……少々
  • 卵……3個
  • 長ネギ……半本
  • ニンニク……1かけ
  • ニラ……1束
  • 食べるラー油……大さじ3杯
  • 醤油……少々
  • 黒酢……少々
  • 油……少々
  • 片栗粉……少々
  • 気力……たくさん

餃子の皮の代わりに、卵と片栗粉が入っているくらいで、あとは普通の餃子を作るのと同じ感じに。

今回面倒なのと肉感を重視したかったので、キャベツや白菜は省きました。

それが正解な美味しさを生むとは知らずに……っ。

蛋餃の作り方

餃子餡

ニラ

ニラ……みじん切りに。

長ネギ

長ネギ……みじん切りに。

ニンニク

ニンニク……すりおろして。

みじん切り

みじん切りにしたニラと長ネギは塩を振って、よく揉んで、絞って、汁気を切りましょう。

ひき肉

ひき肉に軽く塩コショウ(面倒な時は万能調味料クレイジーソルトを)。

クレイジーソルト 269g
クレイジーソルト
¥910(2020/07/20 20:02時点)
内容量:269g

チューブの生姜を2~3センチ入れて、ニンニクもIN。

ひき肉

お肉だけでよ~~~~~~食混ぜるのが、美味しい餃子のコツ。

これは、蛋餃に限らず、どんな餃子を作る時でも使える技と、TVでやってました。

餃子餡

しっかりとお肉を混ぜたら、汁気を絞った野菜をIN。

さらにガッツリ混ぜていきます。

皮作り

この手間が大変なのが蛋餃の皮。

卵

卵を割ってその中に片栗粉を大体……大さじ2~3杯分くらい入れます。

そしてよく割りほぐして、混ぜます。

溶き卵

できたらフライパンに油をしいて、しっかりと熱して、小さめの薄焼き卵を作っていきます。

薄焼き卵

片面だけ焼けていればいいと思うのですが、重ねた時に半生の方がくっつかないようにしましょう。

薄焼き卵

目安は餃子の皮と同じ大きさで、ひたすら薄焼き卵を作っては、皿に出し……というロボットみたいな作業を繰り返します。

これが忍耐力が必要になる。

きっとこれが日本で流行らな―――ー以下略。

餃子を蒸して完成

蛋餃

さて、焼き上がった薄焼き卵の上に、少量の餃子餡をのせて、パタン……と閉じていきます。

そう、形は半月型。

蛋餃

この時、餡の量が多かったり、薄焼き卵に火を通し過ぎてしまったり、薄焼き卵の厚さが厚すぎたりするときれいにたたまれないので要注意。

千夜
千夜

私は何度もため息をつきながら餡の調節をしました

蛋餃

全部包み終えたら、蒸し器、もしくはフライパンに薄くお湯を張って、この蛋餃を蒸していきましょう。

蛋餃

時間は大体10分も蒸したら十分かな。

中まで火が通ったら完成です!!

これが一番大切だった『タレ』作り

後ほど「こいつが一番うまい原因だったのか!!」と旦那に言わせた、美味しいタレ作り。

ラー油

辛そうで辛くない 少し辛いラー油

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g×4個
桃屋
¥1,449 (¥362 / 個)(2020/07/21 11:08時点)
原材料:食用なたね油、フライドガーリック、食用ごま油、唐辛子、フライドオニオン、唐辛子みそ、砂糖、食塩、パプリカ、すりごま、オニオンパウダー、粉末しょうゆ(小麦を含む)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)

黒酢

お土産でもらった黒酢。

たぶんこれは日本では売っていないかもしれないので、Amazonで探してみるといいかも。

鎮江香酢、鎮江香醋550ml/瓶【こうず 中国黒酢】中国産業務用
宝島 台湾・中華【調味・香辛料】
¥270(2020/07/21 15:31時点)
【内容量】 550ml/600g瓶【酸度】5.5【保存方法】 常温

醤油

醤油。

この3つの赤黒い液体を合わせることで、魔性のタレが生まれる。

さあ、準備は整った。

キンキンに冷えたビールと共に、食卓へ行こう。

『蛋餃』の感想

ダンジャオ

 

普通の餃子を作るより1.5~2倍くらい手間のかかった『蛋餃』。

お味の方はというと…………。

蛋餃

 

千夜
千夜

普通の餃子とは別次元の美味しさ。

卵のふんわり感とその中に入る、ぎゅっと肉質を感じられる餃子餡。

肉汁はどこかに行ってしまった……かと思いきや、しっかり練ったことによって、噛むとじんわり肉汁が溢れ、美味しいという言葉すらもったいなくて出したくないほど、美味い。

蛋餃

特に美味かったのはこのタレ!!

実はこのタレ、千夜オリジナルだが(ラー油とかコチュジャンがなかったから適当に思いついた)、黒酢を入れることによってさっぱりなのにコクがでて、恐らく普通の餃子でもめちゃくちゃ美味しく食べられるタレなのではないかと思う。

蛋餃……作るのがやや大変だが、特別な時の特別な餃子として。

そして、この適当に作った黒酢入りのタレはいつもの美味しいタレとして、ぜひ、一度試してみる価値のある1品だ。

千夜
千夜

主婦としては手痛い手間がかかるけどなぁ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました