ポーランドの労働者料理『ボグラッチレシピ』のレシピ

ボグラッチ食レポ&レシピ

私の愛読書に辺見庸先生の「もの食う人々」という本がありまして。

普通の「おいしいだけ」の話だけではなく、キワモノの国である種のキワモノを食べ、その土地の人々のありさまや、「食」というもの事態にモノを申す、文芸的な本。

かなりの愛読をしていましたが、その中に、筆者がポーランドの炭鉱で一働きした後に、食堂で飲んだ「ボグラッチ」と言われるスープの描写がありまして。

「さっきまで炭塵で真っ黒だった舌に、よく煮込んだ牛骨と香味野菜の味が心地よく染みた。ウシキという白玉状のもちも入っていて、牛汁の味を帯びたそれを食べると、なんだか優しい日本の田舎の味がして、喉がゴロゴロ鳴りだしそうだった。」 引用:もの食う人々

この文面だけで、もうたまらなく食いたくなってしまったんですよ。

ですが、「ボグラッチ」というものがいったいどういうレシピで作られているか、クックパッドすらなかったので文面から読み込んでカンで作るしかなかったのですが、かなり美味しい一品が作れたので、紹介したいと思います!!

ボグラッチのレシピ

「もの食う人々」の中で、

「セロリ、パセリの根もベースになっているかもしれない。それに、唐辛子の適度な辛さが、疲れた体を気持ちよく刺激した」 引用:もの食う人々

と書いてあり、色々と模索し、ポーランドでよく食べられている野菜なんかも調べて、得た情報で作ってみました!!

材料(2~3人前)

  • ニンニクひとかけ
  • オリーブオイル(なければもこみちサラダ油でもOK)
  • 玉ねぎ1個
  • ニンジン1本
  • セロリ2本
  • ジャガイモ2~3個
  • 鷹の爪2本
  • 牛ひき肉(適当)
  • 白玉粉(適当)

作り方

①ニンニクを薄切りにします。

②↑のにんにくをオリーブオイルを敷いた鍋でこんがりと焼く。

ついでに、鷹の爪も適当に千切って炒める(むせるので注意)

③オイルに匂いが移ったあたりで、玉ねぎ・ニンジン・セロリ・ジャガイモを「みじん切り」にします。

④みじん切りにした野菜をさっきの鍋に入れて、ひたすら弱火で炒めます。

ここで半端に炒めると、良いダシが取れないので、「これでもか!!」ってほど、良く炒めましょう。

千夜
千夜

目印としては、玉ねぎが飴色になるくらい

⑤炒まったら、お水を入れて沸騰させる。


その間に、肉団子を作成。ひき肉に塩コショウを振って練り練り。

団子状にして、鍋に投下していきます。

⑥肉に火が通る間に、今度は白玉団子を作成。

因みに、「白玉粉」と「上新粉」と「団子粉」の見分けのつかない夫に買い物を命じると、写真のような状態になります。

白玉粉の方が一番おいしいんですが、上新粉や団子粉でも十分おいしいです。

⑦練り上がった団子を、先ほどの鍋に投下。

最後は塩コショウで味付けなんですが、隠し味で「お醤油」をほんのちょっぴり入れると、日本人好みの味になってお勧め。

もし、野菜からの旨みが少なかったら「コンソメ」でも投下しちゃいましょう。

⑧団子に火が通るのを待って完成!!

千夜
千夜

上記の材料だけではなく、貝とか魚とか一度凍らして解凍した豆腐とかいれてもおいしいよ。

ピリリと辛いのでビールにもよく合うし、冬はあったまるし、夏はさわやかになるしでかなりおすすめ。

野菜も肉も炭水化物も入っているので、このスープだけで栄養が足りているのもGOOD。

もしかしたら、実際の「ボグラッチ」とは少々異なるかもしれませんが、元々ボグラッチは「家庭料理」なので、多少みんな作り方は違うはず!!

ですが、ともかく美味しいので、夏に、冬にオススメです!!

千夜
千夜

実際に本格的なボグラッチを食べさせてくれる、ポーランド料理店が関東圏内にあるようでしたら、ぜひコメント欄からお知らせください!!

コメント