毎週火曜日更新!!

『アサリと椎茸のほうじ茶スープ』を作ってみた:紺田照の合法レシピ

アサリと椎茸のほうじ茶スープ食レポ&レシピ

結構作ってます。
マンガ飯(笑)

今回も紺田照の合法レシピから、冷凍庫に監禁されて凍死寸前のところで発案した『アサリと椎茸のほうじ茶スープ』を再現してみました。

味付けがせんべいのみという、画期的かつ、めっちゃ美味しそうな一品ですので、これは試す価値あり!!

広告

アサリと椎茸のほうじ茶スープの材料

  • アサリ
  • 椎茸
  • ほうじ茶
  • 醬油せんべい
材料
ほうじ茶はティーパックからでも、ペットボトルからでも

ほうじ茶とせんべいさえあれば作れるんじゃね?

ってくらい、せんべいのポテンシャルが高いので、アサリは出汁取り、椎茸は食感のためにあると思ってもいいかもです。

ちなみに、今回はアサリの代わりに『ホンビノス貝』使ってます。

千夜
千夜

千葉県民なので!!

広告

アサリと椎茸のほうじ茶スープの作り方

①砂抜きしたアサリ(今回はホンビノス貝)を鍋に入れ、同じく石づきをとって大きめに切った椎茸も入れます。

ホンビノス貝
ホンビノス貝なので大きい……
しいたけ
椎茸は大きめに

②お鍋の中にほうじ茶を入れて火にかけます

ほうじ茶
今回は茶葉から作ってみました

ほうじ茶は自分で煮出してもいいけど、ペットボトルのでもOKだと思います。

③アクが少し出るので取りつつ、アサリ(今回はホンビノス貝)の口が開いたら+3分くらい煮て……

ほうじ茶スープ
すでに濃い色

④最後に醤油せんべいを砕いて入れて完成!!

せんべい
せんべいは大体4分割くらい

醤油せんべいが結構しょっぱいので、ほうじ茶500mlに対して、だいたい3枚くらいがベスト。

私はちょっとパリっとしているくらいが理想なので、お椀に盛る直前にせんべいを入れちゃいましたが、しっとりしているのがお好きな方、歯が丈夫じゃない方はせんべいを入れてからひと煮立ちさせると、しっとりしていい感じです。

アサリと椎茸のほうじ茶スープの感想

アサリと椎茸のほうじ茶スープ
こちらが完成したもの

できた香りの良いスープをお椀に盛っていただきます。

具材が溢れて、せんべいが油揚げみたいになってますが(笑)本当にいい香りです。

ではいただいてみましょう……。

アサリと椎茸のほうじ茶スープ
アサリと椎茸のほうじ茶スープ
千夜
千夜

うまい!!!!

ほうじ茶の香ばしさに、せんべいの香ばしさが加算されて、さらに塩味がちょうどよい感じ。

貝の出汁と椎茸の出汁も出ていて、どこか懐かしくも美味しいお味。

作るのも簡単だし、これはもうリピート待ったなしの一品!!

体も温まるので、冬にも最適な一杯でした!

コメント