天上から吊す小粋な手作りクリスマスツリーの作り方

ハンドメイドな趣味

猫がいても大丈夫「天井から吊すクリスマスツリー」の作り方

我が家にはクリスマスツリーはない。

なぜならば、破壊と破壊の神がいるからだ。

3猫
ならば、奴らが遊べない場所にこじゃれたものを作ろう。

そう、天上からオーナメントを吊して手作りのクリスマスツリーだ。

材料

材料はすべて100均一で揃う。

網

千夜
千夜

普通なら用途のない丸型の網

テグス

千夜
千夜

今回は20メートルリールを2使ってきた

オーナメント

千夜
千夜

たくさんあればあるほどいいと思う。
今回は50個ほど。

あとは気力。

作り方

すみません作成途中の写真取り忘れました。

「同じ作業の繰り返し」が多いので、再びやり直す気力は0ということで、勘弁してください。

というわけで、簡単に説明。

①網にテグスを結んでいきます。

網

上側になる方は、洗濯ばさみ的なものがあれば(私はカードを挟むやつで代用)それを3カ所止め、3つをつなぐようにテグスを張れば、天上からつり下げやすくなります。

ちなみに天上にフックか何かあることが前提。

そんなものない家の方が当たり前なので、おすすめなのは「壁につけてはがせる両面テープ」と「それ用のフック」を天上にくっつけること。

クリスマスが過ぎたらはがせば、サンタも気がつきません。

3M コマンド タブ キレイにはがせる 両面テープ Mサイズ 耐荷重1kg 12枚 CM3PM
スリーエム(3M)
¥253(2020/07/20 19:12時点)
パッケージサイズ(約):幅78×奥7×高170mm

②テグスとオーナメントを結んでいく

オーナメント

下側になる方は、外側にいけばいくほど長い、中心ほど短いテグスをひたすら結んでいきましょう。

ちなみに、テグスは柔らかいようで固いので、「ぎゅーーーーっ」っときつく二重結びにすると、ほどけなくなります。

③天井からぶら下げる

網

天上に、先ほどのテグスのカーテンができた網を引っかけましょう。

できる限り中心をとってやるのがポイント。

あとはひたすらオーナメントを結んでいくだけ。

真ん中に行くほど短く、端ほど長いテグスに結んでいくと円錐状になるはずです。

そう、それがクリスマスツリーなのです。

完成

クリスマスツリー

できたものがこちら。

ええ、オーナメントの個数が少なかったのと、輪の端の方なのに短いテグスを使ってしまったばかりに、形が崩れ、「???」となってしまいましたが、完成です。

年々、少しずつオーナメントを増やせばいいので、気にせず、手作りクリスマスライフを楽しみましょう~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました