ADHDと判明した大人(私)の発達障害との向き合い方

ADHD美容と健康

幼少期、学校の先生から嫌われ者になっていた私。

  • 授業中、想像の世界へ行ってしまい話を聞かない。
  • 他の子と上手くコミュニケーションがとれない。
    (言いたいことをはっきり言い過ぎて嫌われる)
  • 成績の得手不得手が顕著に出ている。
    (0点か100点か)
  • みんなができることができない。
    (逆上がりやリコーダー、工作など)
  • 朝起きられずにストレスにやたら弱い。
    (朝起きられないのは起立性低血圧。ストレスに弱いのはHPS傾向もあった)

こうした理由は大人になってからわかったことですが、当時はなんで自分だけができないのか、なぜ皆が笑うのか、なぜ、先生が私を叱るのか、全く判らず学校が大嫌いでした。

千夜
千夜

もちろん、今も集団行動は苦手

ですが、学生を終えて20年ほど経ち、今になって理由の他にも原因も変わるようになりました。

私はADHDだったんだ。

大人になってわかったADHDという問題

というわけで、なんで判ったのかという話しなんですが、以前、蕁麻疹大爆発をして以来、24時間365日ずっと蕁麻疹がとならない症状に見舞われました。

そこで「もしかして、ストレスとかメンタル系が原因か!?」と心療内科へ行き、色々と検査。

すると、どうやら自分が典型的な過集中型ADHDだったことが判明。

色々なことに「あーーーー」と納得がいったわけですよ。

千夜
千夜

因みに蕁麻疹の原因はそことは関係なかった……

ADHDというと、「片付けられない」「遅刻する」「物忘れする」「落ち着きがない」と思われがちなのですが、私は待ち合わせの15分前には到着するし、必要な物ですら捨てるような潔癖。

千夜
千夜

大体「片付けられない」とか「落ち着きがない」とか、子どもの8割がそうでしょうよ

ADHD、発達障害は脳に由来するもの。

そんな簡単なボーダーで計れるものではありません。

個々で異なるADHDの症状:私の場合

ADHD含む発達障害って、結局のところ脳がアンバランスになることで生じる問題で、私の場合

  • 何度確認してもうっかりミスがある
  • 興味のアリナシが顕著
  • 集中し出すと物音すら気がつかず、寝ることすらなくなる
  • 思ったことがそのまま口に出る
  • できることとできないことの差が激しい
  • 複数のことを同時にこなせない
  • 興奮し出すと止まらない

と、まぁ、文章で書く分には「問題のなさそうな問題」が、「日常生活において問題を起こしていた」のですよ

ADHDが問題と言われる理由

ADHDが問題とされるのは「その度合いが生活に支障をきたすレベル」だから、ということ。

たとえば、できることとできないことの差が激しいため、国語で勉強もせず100点を取ったかと思いきや、みんなができるリコーダーでカエルの歌が吹けない。

初めて挑戦した卓球で中級者レベルのことができきるのに、ドッチボールでボールを投げるコントロールができず、バレーボールのボレーで顔面を強打する。

仕事は覚えるのは早いくせに、突発的にあり得ないボンミスをするので、ルーチンであっても普通の事務職ができない。

等など…………。

千夜
千夜

平均が理想とされる学生社会では非常に生きにくい……

ADHDは修正の効く障害

それでも、私の症状は幼少期に比べてだいぶ良くなり、右と左の区別がつくようになったし、愛想笑いもできるようになった(苦笑)

千夜
千夜

思ったことがあっても一瞬黙り

言葉を選んで言えるようにもなってきたしね(苦笑)

つまり、ADHDは大人になるにつれ、だんだんと修正が効くようになるんですよ。

それに、ADHDだからといって、困ることばかりではありません。

過集中のおかげでモノツクリに捗ることができるし、空想の世界に出たり入ったりしていたおかげで、小説を書いたり、ゲームを作ったりすることもできる。

過集中のくせに飽きやすい……という困った点もあるんですが、それでも、飽きやすく熱しやすいからこそ、シナリオ・絵・スクリプトを一人でやることもできるのです。

大人になってから、ADHDに気がついた方に言いたい。

千夜
千夜

その能力を便利に使え

もちろん、生活に支障が出ることもあるし、何より他人に迷惑をかけることの多い障害。

便利なところは大いに利用し、迷惑をかける、問題のあるところは「対処」すればいいと思います。

そう、「障害」は治らないから「障害」なのんですよ。
だったら、ADHDに向き合って「対応」「対処」していくのがベスト。

私は、この症状を薬(コンサータ等)で抑えることもできるよ……と医師に言われたのですが、創造性などがなくなってしまう可能性もあると聞き断りました。

苦手なことをあぶり出し、対処して、便利にADHDを使いましょう!!

ADHDは苦手なこと、できないことのあぶり出しが比較的簡単にできるので、対処がしやすいと思うんですよ。

例えば、私はタイプミスが多いので、「校正機能」を大いに利用し、ともすれば友人にチェックしてもらったり、編集さんにあらかじめ「ミス多いですから」と伝え、校正を頼んだりもする。

また、過集中時はトイレすら忘れるので、タイマーをかけて時間配分をしたりしている。

対人スキルに関してはどうしようもないところがあるので、気を付けるしかないのですが、親しい友人たちには「心の声の大きな正直者」と思ってもらったり(苦笑)

もちろん、嫌う人もいますが、裏表がないと好いてくれる人もいます。

全人類の10%は私がどう生きても、どんな人間でも、聖人君子でも私のコトを嫌うでしょうし、もう10%は私がどんな人間でも好いてくれるそうなので、自分を好いてくれる人と一緒にいれば良いだけです。

千夜
千夜

学生だと「友だち100人できるかな」状態で、みんなと仲良くしないといけない風潮が辛いのですが……

それに、感情のコントロールはある程度スポーツをすると、そこで発散することができるので、かなり有効だと思われます。

千夜
千夜

恐らく大声を出したり、闘志をむき出しにしても大丈夫だからだと思う

「自分ADHDなんで」と人に迷惑をかけるだけでなく、「どうせADHDだし……」と卑屈になるわけでもなく。

その特性を生かして、問題となる部分は「対処」を見つけて生活すれば、たぶん昔よりも、ずっとこの世は住みやすいところだと気がつくのではと思います。

大人が読むのに良いADHDのオススメの書籍

マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド等、今では、大人がADHDと向き合う方法が載っている便利な本もあります。

「なんでできないんだろう」

「なんで友だちができにくいんだろう」

「自分はダメなのかもしれない」

なんて思っていた当時の私に言いたいね。

千夜
千夜

それ、大人になったらどうにかなるから

あなただけができないんじゃない。みんなだけができているだけだから。

でも、みんなができないことを、あなたはできるんだから、張り切って今日も生きていきましょう!!

あわせて読みたい『ADHD関連』記事

コメント