大人のADHD、対処すれば大丈夫!!

瞑想美容と健康

ADHDの要素で子どもの頃の謎だったこと

幼少期、学校の先生からかっこうの嫌われ者になっていた私。

  • 授業中、想像の世界へ行ってしまい話を聞かない。
  • 他の子と上手くコミュニケーションがとれない。
    (言いたいことをはっきり言い過ぎて嫌われる)
  • 成績の得手不得手が顕著に出ている。
    (0点か100点か)
  • みんなができることができない。
    (逆上がりやリコーダー、工作など)
  • 朝起きられずにストレスにやたら弱い。
    朝起きられないのは起立性低血圧。ストレスに弱いのはHPS傾向もあった)

あれから20年ほど経ち、今になってわかったこと。

私はADHDだったんだ。

大人になってわかったADHDという問題

というわけで、30も過ぎてわかったことなんですが、蕁麻疹爆発で「メンタル系が原因か!?」と心療内科へ行き。

色々と検査をしたところ、どうやら自分が典型的な過集中型ADHDだったことが判明。

色々なことに「あーーーー」と納得がいったわけだ。

千夜
千夜

因みに蕁麻疹の原因はそことは関係なかった……

ADHDというと、「片付けられない」「遅刻する」「物忘れする」「落ち着きがない」と思われがちなのだが、私は待ち合わせの15分前には到着するし、必要な物ですら捨てるような潔癖だ。

大体「片付けられない」とか「落ち着きがない」とか、子どもの8割がそうだろう。

ADHD、発達障害は脳に由来するもの。

そんな簡単なボーダーで計れるものではない。

結局のところ脳がアンバランスになることで生じる問題で、私の場合

  • 何度確認してもうっかりミスがある
  • 興味のアリナシが顕著
  • 集中し出すと物音すら気がつかず、寝ることすらなくなる
  • 思ったことがそのまま口に出る
  • できることとできないことの差が激しい
  • 複数のことを同時にこなせない
  • 興奮し出すと止まらない
  • 爪をかむ癖、緊張すると首を触る癖等が治らない

と、まぁ、文章で書く分には「問題のなさそうな問題」が、日常生活において問題を起こしていたのだ。

ADHDが問題と言われる理由

ADHDが問題とされるのは「その度合いが生活に支障をきたすレベル」ということ。

たとえば、できることとできないことの差が激しいため、国語で勉強もせず100点を取ったかと思いきや、みんなができるリコーダーでカエルの歌が吹けない。

ドッチボールでボールを投げるという、簡単なことすらコントロールができない。

突発的にあり得ないボンミスをするので、ルーチンであっても普通の事務職ができない。

等など。

修正の効く障害

それでも、幼少期に比べてだいぶ良くなり、右と左の区別がつくようになったし、愛想笑いもできるようになった。

千夜
千夜

思ったことがあっても一瞬黙り

言葉を選んで言えるようにもなってきたしね(苦笑)

つまり、ADHDは大人になるにつれ、だんだんと修正が効くようになるのだ。

それに、ADHDだからといって、困ることばかりではない。

過集中のおかげでモノツクリに捗ることができるし、空想の世界に出たり入ったりしていたおかげで、小説を書いたり、ゲームを作ったりすることもできる。

過集中のくせに飽きやすい……という困った点もあるが、それでも、飽きやすく熱しやすいからこそ、シナリオ・絵・スクリプトを一人でやることもできるのだ。

大人になってから、ADHDに気がついた方に言いたい。

 

千夜
千夜

その能力を便利に使え

 

もちろん、生活に支障が出ることもあるし、何より他人に迷惑をかけることの多い障害だ。

便利なところは大いに利用し、迷惑をかける、問題のあるところは「対処」すればいい。

そう、「障害」は治らないから「障害」なのだ。
(※薬で抑えることもでるらしいが、創造性などがなくなってしまう可能性もあると聞き断った)

便利にADHDを使うのもあり!!

例えば、私はタイプミスが多いので、「校正機能」を大いに利用し、ともすれば友人にチェックしてもらったり、編集さんにあらかじめ「ミス多いですから」と伝え、校正を頼んだりもする。

また、過集中時はトイレすら忘れるので、タイマーをかけて時間配分をしたりしている。

対人スキルに関してはどうしようもないところがあるので、気を付けるしかないのだが、親しい友人たちには「声の大きな正直者」と思ってもらっている。

本人の目の前で「童貞猫背先輩」とか「お前、ヘドロみたいだな」等ばっさり言うこともあるが、裏でも同じことしか言わないので、それがむしろ安心だと思う人間と交流していけばいいのだ。

千夜
千夜

思ってもいないことは言えませんし

それに、感情のコントロールはある程度スポーツをすると、そこで発散することができるので、かなり有効だと思われる。

千夜
千夜

恐らく大声を出したり、闘志をむき出しにしても大丈夫だからだと思う

「自分ADなんで」と人に迷惑をかけるだけでなく、「どうせADだし……」と卑屈になるわけでもなく。

その特性を生かして、問題となる部分は「対処」を見つけて生活すれば、たぶん昔よりも、ずっとこの世は住みやすいところだと気がつくだろう。

マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド、という本は、大人になってまだ残っているADHDの症状と上手くつきあっていく方法が載ってて結構便利だった。

「なんでできないんだろう」

「なんで友だちができにくいんだろう」

「自分はダメなのかもしれない」

なんて思っていた当時の私に言いたいね。

千夜
千夜

それ、大人になったらどうにかなるから

あなただけができないんじゃない。みんなだけができているだけだから。

でも、みんなができないことを、あなたはできるんだよ。

ってね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました