毎週火曜日更新!!

イオン歯ブラシは効果あるのか?使ってみた感想とメリットデメリットについて

イオン歯ブラシ美容と健康

元々歯が弱く、確実に先祖から代々受け継いだであろう虫歯菌によって、中学生の頃から歯医者通いが欠かせない私。

諸説ありますが、虫歯菌は幼少期に親や周りの大人が噛んで食べ物をあげたり、大人が使ったスプーンで物をあげたり、することによってうつると言われています。例に漏れず私の親兄弟祖父母、みんな歯が弱かったです。

寝ているときの噛み締めが強く、マウスピースが欠かせないし、歯科矯正も大人になってからやったりしているため、もうこれ以上は虫歯は増やしたくないと歯ブラシなども色々とこだわっていました。

ぜひ大人の歯科矯正体験もどうぞ

そんな中、結構一押しの逸品『イオン歯ブラシ』なるものを見つけたので、その効果のほどと、メリットデメリットを紹介します。

広告

イオン歯ブラシとは?

イオン歯ブラシとは、歯ブラシの中に電池が内蔵されていて、歯を磨く際に微弱電流(マイナスイオン)が流れることによって、通常よりも歯垢を取り除く力が強くなった歯ブラシのことです。

何で?

と思わなくもないのですが、唾液はプラスイオンを帯電しており、歯ブラシのマイナスイオンに吸い寄せられやすいため、唾液と共にひっついている歯垢も一緒に剥がれやすい……と、超大雑把な説明ですが、このような理由で普通の歯ブラシより歯垢を落としやすいと言われているようです。

広告

イオン歯ブラシ「KISS YOU」

そんなイオン歯ブラシですが、私は『KISS YOU』というものを購入。

KISS YOU
こそばゆい名前

使い方は簡単で、歯ブラシ本体の金属板に、指が触れるように握って歯を磨くだけ。

KISS YOU
裏に説明書きが

中には電池が入っているので、ボタンを押すと赤く光ります。

サイバーチック

この赤いランプがつけば、電池が使える状態ということなので、たまに押して電池が残っているか確認しましょう。

また、歯ブラシ部分が取れるタイプなので、歯ブラシがケバケバになっても先だけ買えばOK。

ブラシ部分はお手頃価格なので、本体さえ買えば交換はしやすい感じですし、極細とかコンパクトヘッドとか色々あるので、自分に合ったものに付け替えやすいところもGOODです。

イオン歯ブラシの効果は……?

では、イオン歯ブラシの効果のほどは……というと、『かなりツルツルになる!!』。

ビフォアフでお見せできないのが悔しいのですが、ここまですぐに効果があると思わなかったほど、ツルッツルになります。

これを買う前までは黒の歯ブラシ、ブラックダイヤを好んで使っていたのですが、コレに匹敵……いや、それ以上かもしれません。

ちなみに銀歯がまだあったりするのですが、別にイオンが流れているからと言って、シビシビしたり、染みたりするということはありませんでした。

イオン歯ブラシのメリット・デメリット

メリットはともかくツルツルになること。

しかもツルツルになったのが長持するような気がします。

また、弱い力でも歯垢が取れるので、歯茎への負担が軽く済んで、歯茎の後退が気になるお年頃の人にもお勧め。

あと交換する歯ブラシ部分が比較的安いので、本体は高いのですが、その後結構安く済ませられます。

デメリットは、持ち方に気を遣うということ。

金属を触ってる必要があり

あと電池がなくなったら、本体ごと交換になるし、その際ちょっと普通の歯ブラシより高くなってしまうということでしょうか。

また、重度の金属アレルギーがある場合は、指から金属イオンが伝わる可能性もあるので避けた方が良いでしょう。

千夜
千夜

私も金属アレルギー持ちですが、この金属は大丈夫でした

ちなみに、お風呂にこのイオン歯ブラシを落としたこともありましたが(苦笑)感電したりすることもありませんし、しっかりと密閉されているのか、電池が使えなくなったと言うこともありませんでした。

このイオン歯ブラシ。

私にとっては非常に使い心地がよく、弱い力でも歯垢が落ちるので、もっと良い品が出るまで、しばらくリピート決定となりました。

キスユー イオン歯ブラシ 極細コンパクト 本体 ふつう (色おまかせ)
キスユー(KISS YOU)
¥335(2022/06/10 19:48時点)
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :34×14×235

コメント