バナナケースは「いる」「いらない?」意外と便利な使用感レビュー

バナナケース生活便利グッズ

私と旦那では身長がほぼ同じだ。

細かく言うと、私の方が0.5センチ高い位だ。

そして、体重が6キロ違う。

いくら男女差があるとはいえ、おかしいだろう。その6キロ差。

と言うわけで、旦那にはダイエットの為にバナナを持って行かせようと、計画。

しかし、バナナは柔らかい。

なので、バナナケースなるものが必要。

今回はそんなバナナケースをレビューしてみます!!

バナナケースはここで購入

バナナケースはどうやらダイソーなど、100均でも売っていたそうなのですが、知らぬ私。

Amazonで注文しちゃいました。

スケーター 携帯用 バナナケース バナナまもるくん バナナ容器 イエロー BNCP1
スケーター(Skater)
¥377(2021/07/16 08:16時点)
バナナの押しつぶれを防ぐバナナ専用ガードケース
千夜
千夜

500円以下で買えるから、結局安いのでどちらでもいいかと

注文して届いたのがこちら。

ケース

バナナまもるくん。

ドラえもんのポケットにもいなさそうなネーミングのコレ。

まずまずの強度がありそうで、通勤ラッシュの満員電車圧迫攻撃にも耐えられそう。

バナナケースの使用感

すぐさまバナナを買って入れてみると……。

バナナケース

千夜
千夜

入った……

バナナまもるくんがバナナ入れられないでどうするんだというところだが、「クイ」っと曲がったバナナでもそつなく入ってちょっと感動。

ただし、コストコなどで売られているマウンテンゴリラご愛用クラスの、大きなバナナは入らないので注意。

とりあえずバナナを持たせて帰宅した旦那の感想を聞いたところ。

旦那
旦那

つぶれなかった!!

とのことだったので、満員電車の圧縮にも耐えられる様子。

バナナを持って行くこと2週間。

0.5キロほど痩せたらしい旦那。

このまま、バナナまもるくんが旦那の体脂肪を減らしてくれることを祈る。

コメント