ペットカメラに迷ったらAmazonで安い物の方がおすすめ | 飛び猫

ペットカメラに迷ったら安くておすすめなAmazon製品がよかった

ペットカメラ
この記事は約7分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

猫4犬1がいる我が家ですが、多頭飼いあるあるで、ゲリがあったり嘔吐物があったときにどの子が吐いたか、どの子が具合悪いのかなどがわからなくなります。

そんなときに、ペットカメラに吐く様子、ウンチする様子が映っていたら犯人(?)がわかるのに……と思い、ペットカメラを購入しましたので、レビューや「ここが良かった」など安くてオススメなペットカメラについてお伝えします。

ペットカメラって必要? いらない?

まずペットカメラですが……あるに越したことはないと思います(苦笑)

初めに書いたように、多頭飼いの場合、猫トイレ前、猫トイレ部屋に設置しておくことで、誰がゲリをしたかなどがわかり、体調不良のペットをすぐに把握することができます。

また、1匹飼いの場合でも日中家を空けている人なら、水を飲んでいるか、ぐったりしていないか、などの把握もしやすいし、いつウンチオシッコをしたかなどもわかるので、ただただ「可愛いペットの様子を見るだけ」に収まらない、良いアイテムだと思います。

千夜
千夜

万が一停電などで真夏にクーラーがが切れた時なども、ペットカメラで「暑そうだぞ!?」と様子がわかればすぐに帰宅することができますからね!!

初めてのペットカメラならAmazonの3000円台の安物で十分!!

というわけで、あったほうが良いペットカメラ。

どれがいいか迷うところですが、今はかなりペットカメラも進化して、中華製の3~5000円台のペットカメラでもいい感じに写せます。

私が探した条件は……

  • 予算は5000円まで
  • ナイトモードあり
  • マイクロSDで動作感知して録画ができるもの
  • 「すぐに壊れた」という悪評が極力ないもの(苦笑)

この条件で探しました。

そこで出たのが、『TP-Link Wi-Fi ペットカメラ ネットワークカメラ 見守りカメラ Micro SD 対応 TC7』という商品でした。

TP-Link Wi-Fi ペットカメラ ネットワークカメラ 見守りカメラ 1080p Micro SD 対応 TC70
TP-Link
¥3,900(2024/02/21 21:49時点)
[特徴] ペットにも最適! スマホでかんたんに操作&確認可能な見守りカメラ。動体&音声検知など便利な機能群を搭載。本製品は英語パッケージ版となります。

「TP-Link Wi-Fi ペットカメラ TC7」の使い方

録画するならマイクロSDも購入しておこう

ペットカメラ

こちらが購入した『TP-Link Wi-Fi ペットカメラ TC7』。

マイクロSDは別売りなので、予め合わせて購入しておきましょう。

128GBまで対応とのことですが、古いデータは上から消されていくし、64BGもあれば動作感知した時だけの録画だったら、1日分には事足りるので十分。

でも、出来れば、class10という、書き込み速度が速いマイクロSDだと安定するのでおすすめ。

千夜
千夜

普通のマイクロSDよりちょい高いけど、カメラに使えたりと汎用性高いので1つあると便利。

まあ、ペットカメラに使ったら出せないけど(苦笑)

そしてマイクロSDを入れる場所が結構『謎解き状態』で、カメラを上に向かせて枠から出てくるココ!!

ペットカメラ

ここになるので、探すときには注意しましょう。

私は15分くらい探し続けました(笑)

あとは電源を挿せば『録画環境は完了!』

外に居るときにカメラを見たい場合はWi-Fiの設定・ペアリングが必要

そう、もし外に居るときにチェックしたい……という場合は、Wi-Fiの設定もしてあげなくてはいけません。

説明書に書いてあるQRコードを読み取り、アプリをDLし、カメラの電源を入れます。

スマホのWi-Fiの設定画面でカメラを探し、接続しペアリングできたことを確認したら、スマホをWi-Fiにつないで設定完了です。

一応手順通りにやっていけば大丈夫だと思います。

すると、アプリに入るとペットカメラが映し出している景色がモニタリング出来るようになっているはずです。

気になるプライバシーに関して

で気になるのが……Wi-Fiを通して誰か知らない第三者にカメラの映像が見られてしまったり、漏洩されるのでは……というプライバシー問題。

ええ、一応言わせてもらうと、100%信頼しろとは……言えません(苦笑)
これは、中華製だからとかではなく、日本製であっても、アメリカ製であっても、こうした他のサーバーを介するような電子機器に関しては、プライバシーはないと初めから思っていた方が良いのではと、ネットワーク世代の私は思っています。

でも、使わないなんて勿体ないほどの便利なアイテムなので、基本的に『映して大丈夫な場所』に設置すれば良いのではと思っています。

千夜
千夜

猫の便所なんか誰かに盗み見られても、こっちは痛くもかゆくもないので、私は使っていますが、洗面所に設置しろと言われたら……という感じ。

もしワンルームにこうしたペットカメラを設置する場合は、Wi-Fiはつなげないで録画だけにしておくとか、帰宅したらプライバシーモードにして消してしまう、電源を抜くなど対処していけばよいかなと思います。

ペットカメラを使ってみた感想

というわけで、こちらがペットカメラの動画。

はい。深夜でも暗い部屋でもバッチリ『いじめっ子猫が、ただトイレに来ただけの猫を、通りすがりに猫パンしていく様』が映っております!!

この他、オーブが映り込んだりとホラー動画まで……💧

このペットカメラで撮れた動画をちょくちょくYouTubeチャンネル『カワチヨ.ご家庭チャンネル』でアップしていますので、ぜひよければチャンネル登録をしてみてください!

さらっと見られるように5分以内くらいのものばかりですので、是非是非チャンネル登録よろしくお願いします。

\\チャンネル登録はこちらから//

明るくなってきたら、ちゃんとカラーモードになるし、暗いときでも暗視モードでしっかり見えるので、かなり便利。

Wi-Fiにつないでおいてすぐに確認出来るのもありがたいし、以前よりも断然画素数が上がっているので、昼間とか超キレイに映っているので誰がなにをしたのか、一目でわかるのもありがたい感じ。

難点を上げるとすると、動作感知で映像を撮る仕組みになっているため、猫がトイレから出入りする度にスマホがブーブーと『動作感知しました』と知らせが来るのが厄介。

いや、1~2回ならいいんですが、うちのように多頭飼いだと30分に一回ブーブーブーブ知らせが入るので、鬱陶しい場合は通知を切るようにしましょう。

千夜
千夜

通知オフに関しては、スマホの設定からいじれます

これで3000円なら、仮に1年で壊れたとしても後悔はないかな~というところなので、ペットカメラ初心者であったり、ペットカメラをまずは試してみたい……という方にもいいのではと。

それに、ペットカメラ、見守りカメラってどうしても24時間動きっぱなしなので、経年劣化が激しく、壊れやすいので、逆にこの辺の低価格帯の物を購入し、壊れたら買い換え……くらいの感覚でいるのもありかなと思います。

TP-Link Wi-Fi ペットカメラ ネットワークカメラ 見守りカメラ 1080p Micro SD 対応 TC70
TP-Link
¥3,900(2024/02/21 21:49時点)
[特徴] ペットにも最適! スマホでかんたんに操作&確認可能な見守りカメラ。動体&音声検知など便利な機能群を搭載。本製品は英語パッケージ版となります。

因みに、毎週水曜にあっちこっち飛び猫でもモデルをしている猫さん、犬さんたちの動画をアップしています。

基本ショート動画なので観やすいと思います。

よかったらチャンネル登録してください!!

コメント