中華風ジャガイモのオムレツを作ってみた!!

中華風オムレツ食レポ&レシピ

中華風キッシュ!? なジャガイモオムレツのレシピと感想

先日ね、よく見ているTwitterの中国の動画で、お婆ちゃんとそのお孫さんが美味そうな料理を作っていたんですよ。

おオムレツかと思いきや、ジャガイモのマッシュを包んでいるやつ。

あまりにおいしそうだったんで作ってみたので、その作り方と感想をご紹介します。

蛋包洋芋

私がTwitterで見た動画はこちら。

たぶんこの動画だけでも十分作り方とかわかるかと思いますが、何となく読解しつつ作ってみたのがこちら。

材料

材料
シンプルな材料
  • ジャガイモ
  • ひき肉
  • 長ネギ(本当は分葱とかの方がよいかと)
  • 塩コショウ
千夜
千夜

たぶんスーパー行ったら5分で集まる材料。

ここに、一味唐辛子とかあった方がいいのかな? という感じなんですが、この料理のためだけに普段使う機会のない一味唐辛子を買うのも難だったので、スルーしました。

作り方

ジャガイモ
メイクイーンを使いましたが男爵の方がおすすめ

ジャガイモの皮を剥いて薄めにスライス。

本当は水にさらしたりした方が良いのかもしれないけど、私は面倒臭がりなので無視。

それをレンジに入れて、潰せるくらいまでチンしていきます。

ひき肉
時間は有効に

ジャガイモをチンしている間にひき肉をフライパンで炒めます。

味付け
簡単塩コショウ

火が通ったら、塩コショウで味付け。

今回これしか味の決め手がないので、『ちょっとしょっぱいかな?』って思うくらい濃い目に味付けしてOK。

マッシュ
ねっとりの方がいいかも

ひき肉を炒め終わったら一旦火を止めて、今度は、柔らかくなったジャガイモをマッシュしましょう。

出来ればねっちょりしている方が良いので、ホクホクタイプのジャガイモより、ねっとりタイプのジャガイモを買った方がいいかなと思います。

マッシュは、出来る限りしっかりめに。

混ぜる
しっかり混ぜ混ぜ

ジャガイモがしっかり潰れたら、先ほどのひき肉が入ったフライパンの中に投下。

しっかり混ぜ混ぜしましょう。

葱
ヤッパリ小葱とか分葱の方がいいかも

ジャガイモを混ぜたら長ネギをみじん切りに。

この手間と食感を考えると、分葱とかの方がよかったかなと思いますが、長ネギの方が安かったので……。

混ぜる
ここでも混ぜませ

みじん切りの葱を、ジャガイモとひき肉の入ったフライパンの中に投下。

これも混ぜ混ぜ。

そうして混ざったタネは、お皿にあけておきましょう。

薄焼き卵
ここから先はオムレツの要領で

フライパンを洗って、再び油をしいたら、溶き卵をジュワっと広げて薄焼き卵の要領で焼いてきます。

オムレツ

片面に火が通ったら、先ほどの芋とひき肉のタネを四角く卵の上に敷きます。

後は四隅を折りたたむようにしてタネを包み、『ホイ』っとお皿の上にひっくり返して乗せれば完成!!

見た目は上々

動画では一味唐辛子的な、真っ赤な粉をかけていましたが、辛味に慣れていない上に、あれがなんだかよくわからない私はパセリで十分。

さらっとかけて完成です。

感想

見た目はオムレツ味はキッシュ

さて、出来上がった中華風オムレツ。

卵3個、ジャガイモ3個で4人前くらいの分量。

大丈夫かな? と思いつつ、パクリ。

千夜
千夜

……うん!! 見た目オムレツ、味キッシュ。

中華風もなにもなく、ジャガイモを卵で包んだオムレツの味に……。

反省点はやはり上にかける、赤い唐辛子っぽい粉がなかったこと。

より美味しく日本人が食べるなら、桃屋の食べるラー油辺りをかけるかして食べると、かなり美味しく食べられるかなと。

桃屋 辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g×4個
桃屋
¥1,449 (¥362 / 個)(2020/07/21 11:08時点)
原材料:食用なたね油、フライドガーリック、食用ごま油、唐辛子、フライドオニオン、唐辛子みそ、砂糖、食塩、パプリカ、すりごま、オニオンパウダー、粉末しょうゆ(小麦を含む)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)

今回作った中華風オムレツ。

いつもよりちょっと「うん……普通かな~」という感じになってしまいましたが、食べるラー油かけたら絶対『THE 中華』という味になって美味しいと思うし、作るのは簡単だし、あと、ボリューム感が凄いので、お試しの際は、ぜひ「食べるラー油と分葱」をセットで購入して、食べてみてください!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました