お餅は塩鮭を挟んで美味しい!!

食レポ&レシピ
広告

お餅&甘塩鮭のコラボがおいしかった!!

すっごい軽めの記事なんですが(笑)

今年の正月、方々から結構なお餅をもらって、余らせてしまいそうになったんですよ。

それで、ふと思い出した食べ方をやってみようかと。

ケンミンショーでどこかの県民が食べていた『モチ×焼いた塩鮭』。

感想は……おにぎりでした(笑)

というわけで、凄くあっという間ですが、餅と焼いた塩鮭を用意する過程で何を書くことがあるのだろうかというわけで、色々とすっ飛ばして『焼いた餅』と『焼いた甘塩シャケ』を用意。

おもち握り

ついでに大根おろしも少々盛っておくと、大変喜ばしい感じ。

食べ方はいたって簡単。

お餅でシャケを挟んで(ついでに大根おろしも入れて)食べるだけ。

もちとシャケ

少々お餅を焼き過ぎて、中身がやや空洞化しているけど気にしない。

だって、あとはこれを口に入れるだけだから。

その感想は…………。

千夜
千夜

食べやっすっ!!

一言でいうと、「シャケおにぎり」。

ええ、そのまんまですよ。そりゃ餅米にシャケ挟んでいるんだから。

けれども食べ飽きたお餅が、急に食べやすくなった感じが新しい。

それに、おにぎりっぽいけどそれよりもシャケ量が多いし、ご飯とシャケを一緒に食べるよりもおやつ感がある。

海苔で巻いても美味しいだろう。

ただ、今回私は甘塩鮭を選んだのだが、塩鮭だとちょっと塩辛くなってしまって、量の調節が難しいかなと思う。

お餅1つに対して、甘塩鮭なら半分ほど。

それを挟んで食べると、おにぎり感とお餅感、ご飯感とおやつ感が両方楽しめる、古くて新しい味わいを堪能できるだろう。

恐らく、こうした食べ方を知っている人が数多くいるかもしれないが、私のように「餅と焼いたシャケを一緒に食べる」という発想を知らなかった人も多いと思うので、ここに記しておく。

 

千夜
千夜

……美味しいからまたやろう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました