謎過ぎる誕生日プレゼント「マイクロスコープ耳かき」をもらった感想

マイクロスコープ付き耳かき 便利グッズ

「マイクロスコープ付き耳かき」を使ってみた感想

私の先輩の猫背先輩はね。

誕生日プレゼントに、なんだか知らないけどネタになるものをくれるんですよ。

そんな2019年の誕生日プレゼントは『マイクロスコープ付き耳かき』。

箱

この場合『耳かき付きマイクロスコープ』と書いても間違いはないだろう。

では、そんな面白アイテムを早速使ってみた感想を書いていく。

謎過ぎるマイクロスコープ付き耳かき

ミッションインポッシブルとかだったら、開けた数秒後に自爆装置が起動しそうなこの黒い入れ物を開けると……。

出てきたのは、思ってたよりもしっかりとした作りのミニモニター。

モニター

モニターにはマイクロSDカードが入る場所もあって、多機能を臭わせてくれる。

SDカード

さらに、説明書が入っており……。

説明書 説明書

細かな耳かきアイテムがあったりなんだり。

耳かき

今回は一番オーソドックスと思われる、この黒い耳かきをセッティング。

耳かき

充電を済ませて(大体2時間くらい)、スイッチをONにする。

スイッチオン

耳かきとしては……

電源をつけると、マイクロスコープの先端から結構強烈な明かりが放出される。

マイクロスコープ

これ、調節できるっぽいのだが、コントロールを絞ってもあまり明るさは変わらず、「強」か「消」しかないような気がするが、デフォなのかバグなのかは不明。

でも、意外とスコープ先のカメラから見えるモニター画像は悪くない。

モニター

とはいえ、ある意味「超接写用マクロレンズ」をつけているようなものなので、ピントが合っていないのか、画質が悪いのか、イマイチビジュアルなことの方が多い気がする。

でもって、本来の使い方、「耳かき」としての用途はどうかと言うと……。

耳かき

旦那の耳の中をこれから披露するので、「汚いものが嫌い」という方は、すぐにスクロールしてお花畑の画像を見て欲しい。

耳のあな

こんな感じに、耳の穴の画像と即座に落下してきた耳垢が映し出された。

花畑

目の浄化用お花畑

だが、まだピント(?)の合わせ方がイマイチなのか、「ある角度で見えた耳垢の小山に、耳かきが届かず、スコープをずらしてしまうと見えなくなったりする」という、こう、「あとちょっとなのに~!!」というモヤモヤ感が出てきてしまう。

スッキリするはずのアイテムで、モヤモヤしてしまうとはこれ如何に。

マイクロスコープ

あと、マイクロスコープの明かりがついている部分が熱くなりやすいのが、怖い。

そもそも、耳かきはやり過ぎると危ないとされているので、「見えることでガンガンに耳かきをしてしまう」という人は逆にやめた方がいいかもしれない。

というわけで、耳かきとしてのマイクロスコープの価値は「イマニ」という感想。

他の用途の可能性がありすぎる

だが待って欲しい。

このマイクロスコープ付き耳かき。

耳かきとしては不納得な感じだったが、マイクロスコープを、一般家庭が、手近に置いておける、ってよく考えたらすごいよ?

例えば、猫飼いのお家なら、拾ってきた猫のノミ探しができたり……。

猫毛

猫の肉球のドアップが撮れたり。

肉球

肉球

まぁ、猫に限らず、例えば排水溝に何かを流してしまったり、詰まっているかの確認をしたりといったことがしやすいのではと。

色々な可能性を秘めた耳かき。

それが、マイクロスコープ付き耳かき

録画機能を活かすときは注意しよう

というわけで、色々遊んだ後にいざ録画されているはずの動画を見ようと思ったのだが……。

謎の日本語

出ました、謎の日本語。

成功裏ってことは…………。

ええ、成功の裏を書かれたのか、全く録画されておらず、動画のお披露目は出来ませんでした(;;)

これはたぶん、私の操作ミスかと思いますが、やっぱり外国産のものだとこうした「そもそもの確かな操作方法が分かりにくい」というのが難点ね。

 

というわけで、耳かき以外に遊べるマイクロスコープ付き耳かき。

用途は多彩、使用方法は要確認で楽しく遊びましょう。

 

※今回はいただきものなので同じものかはわかりませんが、Amazonでも同じようなものがお遊び価格で買えるので紹介しておきます※

あっちこっち飛び猫では、ネタになるグッズを送ってくださった場合、使って、紹介して、大笑いさせていただきます。

良ければ、川島千夜のAmazon欲しいものリストから、何か送ってみてください。

Amazonほしい物リストを一緒に編集しましょう

 

コメント