「じゃがりこ」と「さけるチーズ」のコラボ「アリゴ」を作ってみたよ

アリゴ料理
スポンサーリンク
スポンサーリンク

超絶簡単おいしいA級だけどB級グルメ「アリゴ」の作り方と感想

アリゴってフランスの郷土料理があって、マッシュドポテトに親の仇の如くチーズを入れて、ニンニクや塩コショウなどで味を調えた、「この世にこれを嫌いな人なんて、人口の1%くらいしかいないんじゃないの?」と思わせる食べ物がある。

そんなアリゴ、実際作るとなると、ジャガイモを蒸して潰して多種多様なチーズを入れて……と結構手間とお金がかかるのだが、日本ではコンビニで売っている2アイテムで作ることができると聞いた。

それは……「じゃがりこ」と「さけるチーズ」。

どちらも大好物な私。

これは作らねばと、挑戦してみることにしたのだ。

コンビニ系アリゴの作り方

材料

  • じゃがりこ(サラダ味)
  • 裂けるチーズ(プレーン味)
  • 熱湯150cc

アリゴ

超絶すぐ用意できる。

自宅からコンビニまで5分だとしたら、行って帰って15分くらいで準備できる。

これであの憧れのアリゴが食べられるなら、3往復くらいしてもいい。

というわけで早速作ってみよう。

作り方

①じゃがりこを耐熱容器に入れ、さけるチーズも入れて、熱湯150ccを注ぐ。

②少し蒸して、チーズがとろっとしてきたら、全力で混ぜ混ぜして完成

アリゴ

超絶簡単。

約5分で作れる、ニセ場の郷土料理。

因みに私は、耐熱容器に入れることを失念し、じゃがりこの容器に熱湯を注いでしまったが、メチャクチャ熱くなる上に、じゃがりこの容器は耐水性じゃないのでベコベコになるため、ちゃんと耐熱容器に入れて作ろう。

感想

アリゴ

全力で混ぜること5分で避けるチーズが溶けて、じゃがりこと絡み伸びるマッシュドポテト状に。

見た目が、忘年会シーズンの駅構内の隅に置き去られているアレ、に見えなくもないので、ちょっとためらいつつも食べてみると……。

 

千夜
千夜

あ、美味い。

 

 

じゃがりこの味と伸びるチーズが絶妙にマッチして、これは美味い。

ほくほくとしていてしっとり。

やや塩味がきついため、ビールのおつまみなんかにいいかなと思う味付け。

  • コンビニでそろう。
  • 5分でできる。
  • 美味い。

これは100点な一品ではないだろうか。

アリゴ

本場のアリゴ。食べてみたいがこれでも満足できる一品。

ぜひ、皆さんも試してみてください。

 

本場の味をより求める方は、北海道チーズの十勝アリゴで!!

コメント