猫のカプセルリュックキャリーの使用感

猫 ペット

猫様を背負えるカプセルタイプのリュックキャリーを買ったよ!!

最近、猫たちも高齢化してきたため、ちょこちょこ病院へ行く事が多くなった。

今までは、エアトラベルキャリーというごっつい、飛行機にも乗れるようなキャリーケースで移動していたのだが、いかんせん重くて大変。

※これはこれで、非常時なんかに役に立つし、本気でぐったりした猫を運ぶときには、こうした丈夫なケースの方がいいので、必要です※

それに、何かの時のために両手はフリーにしておきたい。

というわけで、前々から気になっていた、猫を入れるリュック型キャリーを購入してみた。

宇宙船カプセルキャリーリュックで有名なアレ

リュック型キャリーというと、宇宙船カプセルキャリーリュックが思い出されるかもしれない。

いまでは、この種類もすごくたくさんでており、我が家のデカ猫(6キロ)でも入れる大きさの物を……と思って見つけたのがこれ。

私にしては珍しく黒を選んだなと思われるかもしれないが、それは旦那が恥ずかしがらずに背負えるものを選んだから。

緊急事態に恥ずかしいとか言われても困るが、「大の男がピンクは恥ずかしい……」等の言い訳を先に封ずることによって、私が旅行中に猫が具合悪くなっても、命じられなくとも、猫を病院に連れて行けるようにしておこうという、山本五十六もびっくりな旦那操縦法の結果だ。

もちろん、色んな色や形があるので、自分の好みの物を選ぶのが一番だと思う。

※カプセル型の方が丈夫そうだったので、後々こっちを買えば良かったと後悔する※

使用感

猫

  • 通気性……★★★★☆
  • 大きさ……★★★★★
  • 丈夫さ……★★★★☆
  • 見た目……★★★★★
  • 猫の取り出しやすさ……★★★★★
  • 重さ……★★★☆☆
  • 背負いやすさ……★★★☆☆
  • 中の様子……★★☆☆☆

私的勝手なランキングだとこのような感じ。

通気性はよいのだが、やらかしたことに黒を選んだため、夏場はたぶん暑くなってしまって使えないかと。

大きさは問題なかったのだが、4㎏の猫を入れたら「これ……ギリじゃん?」というサイズだったので、表示されていた6㎏までというのは無理な気がする。

見た目は可愛いし、レビューでは「ハトメが壊れてた」「裁縫が雑」等とあったのだが、そんなこともなく、比較的丈夫な作りだと思う。

それに、口が大きく開く(私の飼ったものの場合、前と左右両方が開く)ため、診察台に出たがらない猫でも容易く出すことができるし、大きなドームから猫の様子が見えるのもGOOD。

猫もこちらを見ていた。

難点は……。

猫を背負うときに、どうしてもグラっとさせてしまうので、それでちょっと怖い思いをさせてしまう可能性があることと、歩いているとどうしても背中のリュックが揺れて、猫が上下してしまうこと。

手で持っている場合は、なんとなくバランスがとれるので、そこまで猫を揺らさずに歩けるのだが……。

それと、どうしても長さ(横幅)がない分、猫が寝そべるには窮屈で、座って外を見る分にはいいのだが、病院へ連れて行くような猫の場合、疲れてしまうのではとちょっと心配。

なので、本格的に具合が悪くなってしまったら、エアトラベルキャリーの出番かなと思わなくもない。

だが、やっぱり背負える分すごく楽。両手も空くし。

猫が外を見ている様を見るのも可愛くて、飼い主は楽しいし(苦笑)、猫オーナーにとっては買って損はない一品でした!!

猫

※上から見た図が、宇宙飛行士っぽい※

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
KAWASHIMA CHIYO

小説家/イラストレーター/WEBライタ
写真を撮ったり、動画を配信したり、ゲームを作ったりも。

文・イラストのお仕事も募集中。
電子書籍配信社も探し中。
お気軽にお声がけください。

カワチヨ。をフォローする
ペット便利グッズ
この記事の内容をシェアしよう!!
あっちこっち飛び猫

コメント

タイトルとURLをコピーしました