100均のスクラッチアートでも綺麗に削れるコツをようやくつかんだ話

100均シリーズ, 工作100均, スクラッチアート, 工作

スクラッチアート

削りが下手なのは値段ではなく、自分のせいだった

以前、100均のスクラッチアートをやってみたところ、黒いフィルムが硬くて削り心地が悪いという記事を書いたことがある。

そう。確かに色つきの部分の紙はもろく、黒い紙が硬いので削るのが厄介で、黒い部分が残ってしまったりして雑になってしまったのだ。

そこで嫌になった私が1枚旦那にあげて削らせてみたところ……。

明らかに違うクオリティー

スクラッチアート

上が私が削ったもの。

下が旦那が削ったもの。

明らかにクオリティーに差が出ている。

っていうか、なんでこんなに綺麗に色が出てるの?

すげぇ削り難くなかった!?

と質問したところ……。

旦那

旦那

え、根気よく削れば……

つまり、私の根気がないってことですねそうですね。

そう言われてしまっては、何となくスクラッチアーター(造語)のプライドが傷つくってもので、ちょっと根気を出して、面に残る黒い部分を完全にはぐように削ってみた。

スクラッチアート

それがこの出来である。

100均のスクラッチアートコツ

①100均のスクラッチアートは黒い部分が堅い上に、広い面を削らないといけないところが多いので、やっぱり付属の木製のペンを使った方が削りやすい。

木製ペン

②線は削りそこなう上に、白い線が出てしまうので、木製ペンを立てて「太め」に削るとキレイに削れる。

③面部分は黒いのが残りやすいが、木製ペンをやや横にして、根気よく削ると、下からきれいなグラデーションカラーが出てくる。

この3つのコツをつかみ、花シリーズを削り終わった。

スクラッチアート

この出来栄えである。

動物シリーズと比べてここまでの差ができた。

比較

あれだね、木製ペンの方が柔らかいから、ひたすら面部分を擦っていても紙まで削れることはないんだね。

指は痛くなるけど。

それにね、何事にも「根気」「丁寧さ」ってのが必要なんだね。

私に最も欠けているスキルだけどね。

というわけで得た教訓。

 

 

100均の物でも(安いからと言って)
作り手によってはきれいにできる。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!