千葉の名産品「おおまさり」を食べてみた!!

おおまさり 料理

最近流注したばかり「千葉の生落花生」おおまさりの食べ方と感想

以前、真空パック状態の生落花生を食べたという話を書いたことがあったかと思います。

ゆで落花生を食べてみた感想
千葉名産のゆで落花生を食べてみた感想です。実はゆで落花生、季節に寄って美味しさが変わるようです……。

その時はちょっとイマイチ……みたいな感想を書いていたのですが、今回、最近よくスーパーで売られているのを見るようになった「おおまさり」という生落花生を食べてみることにしました。

おおまさりとは?

落花生が名産の千葉が生み出した、大粒の落花生の一種。

2007年に品種改良により生まれたということなので、かなりの新種。

最近では千葉県だけではなく、関東・関西へも普及しつつあるらしいのですが、生落花生は傷みやすくて、地元でないとなかなか食べられない一品。

通販でも購入できるらしいので、興味がある上に、千葉から遠い方はぜひそちらで。

千葉県近郊の方は、千葉の道の駅なんかに行ってみるといいかもしれません。

スーパーで売っていたおおまさりを茹でてみたよ

普段、落花生を茹でるようなことがなかったので、どうやって料理したものかと思ったら、スーパーで売っているパックに調理法が載っていたので、早速茹でてみました。

おおまさり

このパックで312円。

八百屋さんとか道の駅の方がもっと量があって、安いかも。

茹で方は簡単。

沸騰したお湯に塩をひとつまみ。

30~40分ほど茹でる。

火を消して好みの固さになるまで10~20分放置。

結構ゆで時間が長くて大変だが、それだけ殻が厚いのであろうね。

私の場合は40分茹でて、10分放置しました。

おおまさりの感想

おおまさり

茹で上がったおおまさりがこちら。

通常の落花生の2~3倍くらいはある大きさです。

ちなみに、おおまさりは通常の落花生よりも「大きさも味も勝る」という意味で付けられた名前だそうで、確かに大きい。

中の方はというと……。

大間去り

あっさり殻が真っ二つに割れて、中の落花生が登場。

白くて、大豆のような、枝豆のような良い香りがします。

では実食……。

おおまさり

うまっ!?

以前私が食べたものは一体何だったんだろう、そう思わせるほどの美味。

ほくほくしていて、枝豆に近い濃厚な香りが広がって、味は甘くて柔らかくて……。

今まで食べた豆の中で最も美味い落花生。

これは年に一度は絶対に食べたいお味、季節になったら絶対食べたい落花生。

殻

殻の厚さがおおまさりの大きさを物語っている

あまり期待していなかったのですが(失礼)これは本当に美味しいものでしたわ。

落花生は生の状態だと日持ちができないので、千葉の秋の名産品として、日本全国に広まって欲しいですね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
KAWASHIMA CHIYO

小説家/イラストレーター/WEBライター
写真を撮ったり、動画を配信したり、ゲームを作ったりも。

文・イラストのお仕事も募集中。
電子書籍配信社も探し中。
お気軽にお声がけください。

カワチヨ。をフォローする
料理食レポ
この記事の内容をシェアしよう!!
あっちこっち飛び猫

コメント

タイトルとURLをコピーしました