始めて使ってみたトイレのスタンプクリーナーには注意があった

便利グッズ便利アイテム, 便利グッズ, 家事, 生活

スタンピー

トイレのスタンプクリーナーは「押し場所」に注意!!

相変わらずの下世話な話では、ございますが、先日ね、トイレのスタンプクリーナーなるものを初めて買ったんですよ。

あの、宮川大輔さんが宣伝してるスタンピーで有名な奴ね。

私が買ったのがセールで「2本入り300円1本2週間入り!!」というお値打ち価格だったもんで、試しにやってみるかと。

スタンピーとちょっと違うかもしれないし、もしかしたらスタンピー買っていたかもしれないんですが、浅い記憶なのでその辺はいいとして。

掃除の手間を少しでも減らしたいってのと、興味ってので使ってみたんですが、このトイレスタンプクリーナー予期せぬ穴があったんですよ。

そんなトイレのスタンプクリーナーの光と闇をお伝えしたいと思います。

掃除の手間を減らせる画期的アイテム

掃除が好きではない癖に、綺麗じゃないと気が済まない私は、犬猫合わせて6匹と汚すだけの夫という環境から、毎日2時間くらい掃除に時間が持って行かれている。

もちろん、トイレも毎日掃除しているのだが、掃除の手間を1㎜でも減らしたいというのと、トイレの縁のあの「手の届かないゾーン」の汚れをどうにかしたいという願いから、「トイレスタンプクリーナー」を買ってみることにしたのだ。

トイレの縁

※トイレの手の届かないゾーンの図解※

 

スタンピーは小林製薬から出ている、トイレの便器の中に直接浸けるブルーレット的なもの。

他にも色々出ているので、私が何を買ったかわからないが、花びらがちゃんとしているところから察するにたぶんスタンピー。

もはや、自分が何を買って、何を使っているかも記憶できなくなるほど、毎日の掃除に追われているのだ。

さて、そんなトイレスタンプクリーナーの効果はというと……イイ

トイレスタンプクリーナーの光

まず、匂いがいい。

フタを開く前から良い匂いがトイレ中を覆い、これから、不快なるものを出して快感に溺れるというエンターテイメントを行う自分を盛り上げてくれる。

そして大切なクリーナー能力。

これがまたイイ

使えば使うほど便器の中がツヤピカになっていき、あの、手の届かなかった縁の裏側が綺麗になっていくのがわかる。

図解

あと、1回で2週間持つというのもいいね。

経済的。

トイレの便器を洗うという手間なんざ恐らく1分にも満たないと思うが、毎日毎日毎日やっていると、水滴が水たまりになるかの如くストレスになっていくので、これくらいの費用で嫁が笑顔になるというのならお得だろう。

どの道トイレの床や、縁なんかは拭く必要性が出てきてしまうのだが、それでもトイレマジックリンをかけて、トイレブラシを持って、ゴシゴシして……という3手間がなくなるのは素晴らしい。

匂いも素晴らしい。

トイレマジックリンのローズの香りはリピート必須のよいアイテムだけどね

だが、そんなトイレのスタンプクリーナー、装着時にちょっとした注意が必要だったのだ……。

トイレスタンプクリーナーの闇

闇っつうか、私(というか旦那)がいけなかったんだけどね。

スタンプする場所を間違えるとえらいことになるのよ。

ちゃんと箱の説明書きには、「便器のこの辺にスタンプしてね」と書かれているのだが、説明書を読まない病に犯されている旦那氏が、適当な所にスタンプしちゃったわけですよ。

本来つけるおすすめの場所はここ。

正しい

水の流れがやや収まりつつ、水が広がり洗浄成分がまんべんなく便器に広がるであろう、水が出る場所とは逆の側のやや外側。

だが、旦那氏が説明書も読まずにスタンプした場所はここ。

間違い

水の勢いの強い、水が出るすぐ側の外側。

そんなところにスタンプするとどうなるか。

 

こうなる。

水濡れ

 

勢いついた水がスタンプの上を暴走。

便座カバーを濡らし、時として床まで塗らしていくという、「逆に掃除の手間がかかる」という状態を作り出していく。

汚水、エクストリームスタンプ。

特に我が家のトイレは水の勢いがよいのが自慢の便器で、ハウスメーカーの社長が、やたらそれを強調してきただけあって、より一層の地獄を生む。

スタンプは水が勢いよくてもはがれずに、けなげにくっついていてくれるのだが、それ故、そっと場所移動しようとしても、形をクズしてでもそこに居続けようとする。

失敗

私はスタンピーの姿形が消える2週間。
水を流す度にトイレ掃除をするという、余計な手間を手に入れざるを得なくなってしまった。

場所さえ注意すればスタンプクリーナーは最高

このように、考え無しにスタンプしてしまったが故に、余計な手間がかかることになってしまったが、トイレスタンプクリーナー自体は最高。

他のメーカーのものを試したわけではないので、もしかしたらいまいちなものもあるかもしれないが、カピカピに乾くこともないし、洗浄力も上々。

匂いも良いし、「スタンプ場所」さえ間違えなければ、掃除の手間が少しだけ省けるハッピーアイテムになるだろう。

くれぐれも、スタンプの際は、水の流れる場所を確認してから「ポン」することをおすすめする。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!