座り仕事の人におすすめの姿勢矯正ベルト

便利グッズ, 健康健康グッズ, 姿勢

背筋矯正ベルト

座り仕事で姿勢が悪くなる人におすすめ「姿勢矯正ベルト」の使用感

運動をしたり、整体にマメに行ったりしている私ですが、それでもやっぱり姿勢が悪く、頑固な肩こりに……。

そもそも座り仕事・OA作業が多い時点で、どう頑張っても肩こり首凝りは来るのだから、もういっそ姿勢矯正ベルトを使ってみようと、100円の背筋矯正ベルトから、ちょっと高めの姿勢矯正ベルトを注文してみたので、そのレビューをしてみたいと思います。

作業中背中が丸まることの弊害

姿勢が悪くなると……。

  1. 巻き肩(肩が内側に入り込む)になる
  2. 肩が凝る
  3. 首が凝る
  4. 眼精疲労が悪化する
  5. 吐き気を催す(酷いと吐く)
  6. 頭痛が起こる
  7. 片頭痛に発展する
  8. 寝込む

この悪循環により、作業が滞り負のループが発生する。

姿勢を良くといわれても、無意識に背中が丸まってしまうため、気を付けようがない。

というか、作業に集中しているのだから、姿勢にまで気が回るわけもなく「背筋に気を付けて!」というお母さん方や、整体師の面々は、「集中して物事を行う」という行為を行ったことがないのだろうかと、子どものように言い返したくなる。

と言うわけで、私は姿勢矯正ベルト・背筋矯正ベルト賛成派だ。

100均の背筋矯正ベルト

ダイソーで買った背筋矯正ベルト。

ダイソーの背筋矯正ベルト

ウエスト用の極太ゴムをクロスで付けて、輪っかを作っただけの簡単な作り。

それでも100円で買えるのはすごい。

ゴムが意外と伸びるので、確かにサイズフリーなのだが、厚手のセーターを着ると肩がキツくなり、半袖だと脇の下が擦れるという中途半端さ。

ホールド力はままあるが、そこまできつくないので、脳のスミで背筋矯正ベルトの存在を確認し「あ、背中真っ直ぐにしないと」と、背筋に気を付けられるようになるのは利点。

2~3ヶ月もすると伸びる。

あと、筋肉質な男性だと脇の下完全に擦れる。
旦那が半日使ったら、脇の下が紫色になってたので、長時間の使用はおすすめできない。

100均の背筋矯正ベルトメリット

  • 安い
  • 締め付けが強くないので、ベルトに頼りっきりで筋力が弱くなる心配はない
  • 安い

100均の背筋矯正ベルトデメリット

  • へたる
  • 脇が擦れる
  • サイズがワンサイズなので、服装・体型によってはできない
  • ホールド力が少ない

ACEFITS 背筋GUUUN 猫背サポーター

たまたまTwitterで、この背筋矯正ベルトを使っていた漫画家さんの呟きを見て、思わずAmazonポチした「ACEFITS 背筋GUUUN 猫背サポーター

私は便宜上今「背筋矯正ベルト」「姿勢矯正ベルト」と書いているが、実際は「猫背サポーター」

本来の背筋矯正ベルトとは、腰まで覆うタイプの物らしいが、いつものように「大体伝われば良い」という感覚で書かせていただく。

↑こちらが猫背矯正ベルト

蒸気の100均の背筋矯正ベルトがへたったので、せっかくだからと購入したこの「ACEFITS 背筋GUUUN 猫背サポーター」。

Amazonでベストセラー1位なだけあり、価格は1000円(私が買ったときは2000円だったので、恐らく新バージョンが出た。ちょっと悔しい)な割りに、サポート力がよく、おすすめだったのでレビューしてみます。

背筋矯正ベルト

作りは、ベルト上の物にマジックテープがついたイメージ。

ベルトが太いので肩に食い込んだりすることなく、また、調整もできるので、余程の巨漢でもない限りサイズを気にすることもなく利用できるでしょう。

因みに、マジックテープが付いた先端部分をぎゅーっとひっぱり、肩のベルトにくっつけて使うため、背中に手が回らないくらい身体が固い人は、ベルトをする時点で苦労しそうだが、それくらい身体が固いことを自覚し、ストレッチだと思えばいいかと思う。

あと、マジックテープがセーターに引っかかり、糸が伸びたりするのでその辺も注意が必要。

さすがにホールド力はあり

いくつか注意は必要だが、さすがに100円とは違いホールド力もあり、それでいて肌が擦れることもないのがいい。

こちらが通常状態の私。

通常

後ろ姿

正面から撮ってくれればいいものを、旦那が面倒がって横からとったので、わかり難くて申し訳ないが、肩が内側に入って、巻き肩だし、背中が丸まっているのがおわかりだろうか。

気を付けていないと、普段からこんな感じになってしまう。

それが、この背筋矯正ベルトをつけると……。

姿勢

後ろ姿

ない胸がぎゅっと張り、肩の位置が本来の場所へ。

後ろ姿がだぼっとしたセーターを着ているせいで、キツそうに見えるが、ベルトは調整できるし、別段キツくもないのでご安心を。

この背筋矯正ベルトを使ってから、頑固な左肩の肩こりが解消されつつあり、整体へ行く頻度が減ったので、費用対効果的にもGOOD。

難点は、この背筋矯正ベルト。
締めようと思えば結構締められてしまうので、どこまで締めるのが正解の位置なのかがわからないことだけだ。

その辺りは「自分にとって一番楽なところ」で鑑みれば良いかと思うが、長時間PC作業をする、私の様な仕事を持つ人にはやっぱりおすすめだと思う。

ACEFITS 背筋GUUUN 猫背サポーターのメリット

  • 服装・体型を気にしなくてイイ
  • 肌が擦れない
  • きつさを調整できる
  • ホールド力がある
  • 値段が安い
  • 手軽に付けられる

ACEFITS 背筋GUUUN 猫背サポーターのデメリット

  • セーターなどにマジックテープが絡み、糸が伸びる
  • どこまで締めていいのかわからなくなる
  • 厚みはあるので、会社で使うにはスーツの下だと使いにくいかも
  • マジックテープが後ろにある状態だと、背中の方に手を回す必要があるため、身体が固い人は苦労する

まとめ

手軽につけてみるなら、ダイソーの背筋矯正ベルトでもいいかと思うが、へたれるのも早いので、「ダイソーで入門」⇒「少し高めの背筋矯正ベルト」とランクアップすると良いかもしれない。

ACEFITS 背筋GUUUN 猫背サポーターは、高いと思いがちな背筋矯正ベルトのなかでもかなり安いし、使いやすく、それでいてサポート力があるのでおすすめ。

背筋矯正ベルトを使っていると、本来の筋力がなくなる……という説もあるが、「私としては」凝り固まった、偏った変な筋肉が付くよりも、仕事している間だけでもサポートして、しっかりと仕事をしていったほうが、全然マシだと思いますので、あまり気にせず使えばいいかと。

ただし、慣れない内は普段と違う方向に骨が向けられているからか、痛くなったり、だるくなったりするので、ムリせず、かといって、長時間使わずにいたらいいかと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!

こちらの記事も読まれています