付録を思い出す。100均の組み立て式屋台が面白い!!

2017年10月2日100均シリーズ, 工作手遊び, 玩具, 100均

100均のダイソーで見つけた組み立て式屋台の利用法

最近100均の玩具にはまっているのですが、先日組み立て式の屋台をDAISOで発見。
まるで、昔購読していた雑誌の付録のようで、かなりわくわくしてくる。
当然買いましたよ。

そんな百円の組み立て式の屋台の活用法をお伝えします。

屋台

100均の組み立て式の屋台を組み立てる。

薄ぺったい、付録のようなその屋台には、説明書もついていた。
説明書

 

遙か昔に購読していた「小学校○年生」の付録を思い出し、ちょっと懐かしくもなるが、その付録よりも肉厚で、非常に作りやすいのは時代の流れだろうか。

付録

差し込んでいくだけなので、あっと言う間に完成。

屋台

今回私が買ったのは「リンゴ飴」と「金魚すくい」の出店の2種。
いずれも心くすぐる思い出の店だ。

屋台

100均の組み立て式屋台の遊び方

さて、金魚すくいやリンゴ飴を卒業してン十年も経っている、大人と呼ばれる人間になってしまったみなさんは「100円で付録的な屋台を作ってどうするんだよ」と言われるかもしれないが、脳みそは今だ金魚すくいもリンゴ飴も卒業していない私は、こうして遊ぶ。

①飾る

屋台

最も横道な遊び方。
玄関に飾るも良し、リビングダイニングの片隅に飾れば夏の涼やかな飾りに早変わり。
かなり丈夫な造りなので、毎年ワンシーズン出しっ放しにしたところで、3~4年は持つのではないだろうか。

②絵を描く

屋台

絵を描くのが趣味なあなたに、パースの勉強もできる素敵な一品。
私はパースを考えるのが面倒だったので、あえて真っ正面から描いてみたが、模写とかデッサンとかパースとか、この100円で楽しく練習できるし、何より描いてて楽しいのでおすすめだ。
絵

③写真に撮る

屋台

フィギュアのある我が家には素敵なハウスとなる。

もっとも、大きさに限界があるので、ちょっと違和感があったりするが、そこは脳内会話で適当に。

屋台
ロボット兵「キンギョ ヨリ リンゴアメ ホシイ」

タイトル「リンゴ飴屋のピンチ」

屋台
バブルナース「リンゴアメ一つくださいな……」

屋台
バブルナース「はっ……」

屋台
三角様「ユルサン…………」

……
…………
………………

自分でも頭おかしいと思ってるけど、楽しいよ

あと、この屋台、結構作りが細かいので、マクロレンズで中を拡大して撮影しても楽しい。
屋台

 

どうだ、たった100円の玩具の屋台で、ここまで楽しめるのだ。
なにを楽しむかではない。

どう楽しむかだ!!

というわけで、100均の組み立て式屋台はおすすめですよ~

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!