【日常】Five Nights at Freddy’sにはまった話

2017年6月8日日記ゲーム, ホラー

怖すぎて面白いFive Nights at Freddy’s

本当はゲームレビューは別のブログを立ち上げて……と思っていたんです。
だけど、もう……面白すぎて言及せざるを得ないんですよ。
このFive Nights at Freddy’sってゲームが。

 

Five Nights at Freddy’sとは?

Five Nights at Freddy’sとは、ホラーゲームである。開発元及びパブリッシャーはScott Cawthon。Steamストアで購入する事が出来、デモ版はIndiedbからダウンロードする事が可能。iPad、iPhone、Android版も存在する。

簡単に言えば「だるまさんが転んだ」。アニマトロニクス(機械人形)の警備アルバイトに就業することになった主人公・マイクを操作し、夜になると独りでに動き襲撃する人形達をカメラ、ドア、ドアライトを駆使しかいくぐるゲームとなっている。

By http://dic.nicovideo.jp/a/five%20nights%20at%20freddy’s

元々、うどんこ坊やが見ていた兄者・弟者の実況動画が面白すぎて興味が湧いたゲーム。

私がどうこう説明するよりも、見てもらった方が早いと思うが、猟奇と狂気に満ちていて、もう、怖いを超越して笑える。

ピザ屋の深夜の警備員として仕事をすることになったユーザー(私)。
だが、こピザ屋、深夜になるとマスコットたちが動き回り、警備室へ入り込もうとするのだ。
警備室に入り込まれたら最後。
機械仕掛けのマスコットたちは私に無理矢理マスコットをかぶせ、殺しにかかってくるのだ。
そうならないためにも、監視カメラ、電動シャッター、ライトを駆使して、奴らの侵入を防ぐのだが、これらのアイテム使用は充電を食う。
充電がなくなるのが先か、朝になるのが先か……。

とそんなゲームなのである。

突っ込みどころ

おまえ、命がけでそんな深夜のバイトするなよ。

店で働いているのに、シャッター下ろすのにも充電式ってどういうことだよ!!

賃金安すぎーー!!(週休120ドル)

レビュー

でもって、サイレントヒルとか

ゆめにっきとか

ともかく狂気とか、恐怖に満ちたゲームが好きな私は実況を見たにもやりたくなり、検索。

PCゲームなのでDLしかないかと思っていたら、なんとアプリでも売られていることが判明。

値段も安いので、早速やってみたところ……。

結構難しい。

ここが警備室。何もしなくてもマッハで充電がなくなっていくのが恐ろしい

PC版だとクリックなのだが、アプリなのでタップしてドアを閉めたり、監視カメラを見たりするのだが、ちょっとでも手を滑らせたら終わる。

監視カメラに、全速力でこっちへ向かってくるきぐるみの化け物が映ったときなんざ、超高速でドアを閉めなくては間に合わないのだが、間違えてライトをタッチしたりして、煌々とライトに照らされた化け物が「バア!!」と出てくるので、結構ビビるしいらだちもする。


部屋数は結構ある。

現在5夜目なのだが、好悪略サイトを見てみても「化け物たちの動き:全力で殺りにくる」としか載っていないし、実際「全力で殺りにくる」ので、ここから先に進めるかどうか……。


見飽きたゲームオーバー画面

パチ物も発見

でもって、Five Nights at Freddy’sのアプリを探している最中、「Seven Nights at Buddy’s」というパチ物を発見(笑)

無料なので、ついDLしてやってみたのだが「安っすいFive Nights at Freddy’s」という感じ。

登場キャラは少ないわ、電話が鳴るわけでもないのだが、本家ピザ屋よりも攻略しやすく、腕試しには良いだろう。


監視カメラギリギリに近づき、ブルブルしてる謎のぬいぐるみ。
上のぬいぐるみと、こいつしか現れない

因みに、無料なので広告動画が30秒から1分置きに流れるので、機内モードでやった方が良いだろう。
いや、無料で公開するからには、宣伝入れてお小遣い……というか制作費用を手に入れると言う理論は反対ではないし、私も無料の場合は広告いれさせてもらったりするだろうけれども、これはちょっとやり過ぎ^^;
クリックゲームなので、据え置き型(画面の上下などに静止画の広告を置くやり方)でやった方が良かったろうに……と思うが、今さらこんな1ユーザーの意見が届くわけもないので、ここでそっと呟いておく。

と言うわけで、パチものも含め、このゲームかなり面白いので(ただしクリアできるかどうかは別)、空いた時間にちょっとやってみるのも良いだろう。
ちなみに、夜中、暗い中で音を出してやると、たまに心臓が止りそうになるので、ご注意を…………。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!

こちらの記事も読まれています