【食レポ】初めての島らっきょう・チャンプルーレシピ【料理】

2017年5月23日料理, 食レポ

島らっきょう

島らっきょうレシピの紹介

先日、私の出した「怪談千夜」執筆の際取材させてもらった方から、「島らっきょう」をいただいたんですよ。

しれっと紹介

らっきょう=カレーのおまけで食べる甘酸っぱいアレ

というイメージしかなかった私は、この塩漬けのらっきょうが新鮮で、美味しくて……。

というわけで、今回は「島らっきょう」の食レポと、島らっきょうを使ったゴーヤチャンプルーをご紹介。

島らっきょうとは

島らっきょう(しまらっきょう)は、沖縄県独自のラッキョウの品種。本土で栽培される一般のラッキョウに比べると、小型で香味が強い。天ぷらや甘酢漬け、塩漬けなどにして食べられるほか、チャンプルーの具材にも使われる。

島らっきょう – Wikipedia

とのこと。
確かに送られてきた島らっきょうは、私が知っているスーパーで売られているらっきょうよりちょっと小ぶりな感じ。

島らっきょう

ただ、ジップロックに三重にされているにも関わらず、超らっきょうの臭いを発している。

だが、ドリアンを味わって嗅覚がイカれた私に怖い物はない。
tobineko.officekawachiyo.com

 

ちなみにこの島らっきょう。

ウィキを読む限り、ビタミンB1の吸収を助け、免疫力増強、育毛作用、疲労回復、抗菌作用、抗がん作用などがある上、出荷量を安定させるため、久米島海洋深層水農業利用研究会と沖縄県海洋深層水研究所共同で、深層水を使った島らっきょうの秋出し実証栽培を行っているとのことで、かなりのパワーフードであることが伺える。

島らっきょう
小さいのにキミ偉い奴なのね。

島らっきょうの王道の食べ方

さて、贈ってくださった方が沖縄出身とのことで、王道の食べ方を教えて貰ったのだが、それはとっても簡単。

島らっきょうは塩漬けになっているので、軽くそれを洗い流し(しょっぱかったら、水にさらして塩抜きすると良し)、鰹節をかけて、香り付け程度に醤油を垂らして召し上がれ。

島らっきょう
ベストオブオツマミ

 

感想

島らっきょう


ビールのために生まれてきただろう。おまえ。

そう言いたくなるほど、ビールによく合う!!

送ってくださった方が、「食欲のないときは、島らっきょうを刻んでご飯に混ぜて食べた」と言っていたが、私なら、それでご飯5杯はいける。

 

普通のらっきょうよりは辛みが強いので、確かに甘酢漬けにするよりも塩漬けのほうが合うだろう。

香りも強く、ビールじゃなくてゴクゴク飲める系の日本酒とでも合うだろう。

千夜オススメの「ゴクゴク飲める系」の日本酒。上善如水。

 

食べていた旦那が「エシャロットに近いね」なんて言っていたので、エシャロットに味噌付けてバリバリ食べるのが好きな人は美味しくいただけるだろう。

……今度島らっきょうが手に入らないときは、エシャロットを塩漬けにすっぺかな。

 

※島らっきょうは沖縄原産のらっきょうで、エシャロットはヨーロッパ原産のネギです。
……いや、らっきょう自体がネギ科なんですが、ともかく違います。
あと、島らっきょうの方が匂いも味も強いです。※

島らっきょう

島らっきょう入りゴーヤチャンプルー

さて、そんなわけでいただいた島らっきょうを、鰹節かけでひたすらぼりぼり食べていた私ですが、ずっとこのまま食べるのも味がないかな?と思い、最後だけ調理することにしてみました。

ちなみに、私はずっと鰹節かけで食べることも可能です。
365日これを出されても食べ続けられるほど、お気に入りです。

ですが、せっかくなので同じく頂いたゴーヤでチャンプルーにしてみました。

材料

・島らっきょう-適量
・ゴーヤ-大体半分
・豆腐-半丁
・卵-1個
・油-少々
・麺汁-少々
・鰹節-少々

 

作り方

①ゴーヤは種をとって、薄めの半月切りに。
島らっきょうは適当に刻む。

②フライパンに油を敷き、島らっきょうを投下。

島らっきょう

③ゴーヤを投下
島らっきょう

④なんとなくゴーヤに火が通ったら、豆腐を投下。

島らっきょう

⑤豆腐をぐちゃぐちゃにしたら卵を投下。

島らっきょう

⑥炒めつつぐちゃぐちゃに。
忘年会シーズンの駅構内の片隅にある、アレっぽくなりますが気にしない。

島らっきょう

⑦卵に火が通ったら、風味付け程度に麺汁をかける。

島らっきょう

※ゴーヤが苦くて苦手という人は、麺汁がオススメ。とりあえず、苦みが抑えられるし、相性抜群※
⑧お皿に盛って、鰹節かけたら完成!!
島らっきょう

 

レシピ教える気が無いだろと言われそうなくらい適当ですが、南国気分で大らかに作れば良いと思います。

感想

島らっきょう


おかしい。ビールが進む。

 

島らっきょうがしょっぱいので、十分味が付くし、普段食べていたゴーヤチャンプルーより、コクがあって美味しい。
あと、絶対に身体に良いと思う。

ご飯のおかずとして、そのままちょっと冷めかけのご飯の上に載せてもGOODだと。

島らっきょう。
今後、私はお前を買い続ける。

……。
なんて、島らっきょう入りゴーヤチャンプルーのことをツイッターで呟いたら、イラスト友達の悪いチンパンツチノコ先生から、こんな一言を貰いました。

 

…………。

島らっきょう。

今後、私はお前を買い続ける。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!

こちらの記事も読まれています