<千夜流>手間無し焼きリンゴの作り方<レシピ的な何か>

焼リンゴ

シェアする

簡単な焼きリンゴ

子供の頃、「果物は生で食べるもの。焼いたら美味しくない」とバカのように思い込み、ずっと敬遠していた「焼きリンゴ」

三十路を過ぎた今「リンゴは焼いた方が美味い」と豪語するほどに焼きリンゴ好きに。

今回、バカがバカみたいにTwitterで「焼きリンゴうめー」と呟いていたら、興味を持ってくださったフォロワーさんが多数折りましたので、ものぐさな私が作る「ものぐさ美味しい」焼きリンゴの作り方をお伝えします。

スポンサーリンク

焼リンゴとは?

リンゴ焼いた食べ物。
うまい

材料

・リンゴ(主役)
・バター(ヒロイン)
・シナモン(引き立て役)
・はちみつ(名脇役)

・アイス(美術スタッフ)

焼リンゴ
猫は材料に含まれません

作り方

オーブンでしっとり編

すっごく簡単。

①リンゴを切ります。
私は時短したいので、1/8切り。
皮はそのまま、歯ごたえを楽しみましょう。

②切ったリンゴをクッキングシートを敷いた鉄板の上に並べて、バターを上に置き、シナモンを振りかけます。

焼リンゴ

③200~250度、下段で20分くらい(リンゴの大きさや、各家庭のオーブンの強さ、好みなんかで適宜調節してください)焼く。

焼リンゴ
この時は200度20分

④焼けたらお皿に並べて(美しく!!)ハチミツをお好みの分量垂らします。

焼リンゴ
アイスもそろそろ常温に……。

⑤リンゴにアイスを盛ります。
焼リンゴ

お手軽美味い!!

フラパンでもっと手軽に

オーブンなんてこじゃれたものねえよ!!
とか、
20分も待ってらんないよ!!

という方は、こちら「フライパン」で更に簡単にリンゴを焼いてみましょう。

①リンゴを薄切りにして、バターを溶かしたフライパンの上に敷き詰めます。
焼リンゴ

②中火で焼き、皮が茶色くなってきたらひっくり返して、焼き面にシナモンドバー。
焼リンゴ

③中まで「なんとなく」火が通ったら完成。
お皿に盛って、ハチミツをかけて召し上がれ。
焼リンゴ

こちらはオーブンで焼くよりも、スナック感覚で食べられるのがいいところ。

適当に美味しく。

が、この冬の「焼きリンゴ標語」でございます。

焼リンゴ
身体にもいいしね!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。
ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

シェアする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています