【大人の工作】ふわふわファーのバッグチャーム講座行ってきた話【ハンドメイド】

2016年12月3日工作ハンドメイド, 体験

リボン

ふわふわファーのバッグチャームを作ろう

ココナラというサービスで「キャッチコピー作成」のサービスを出しているのですが、たまたまそこからのつながりで「1DAYで出来るカルチャースクール」の経営者様と知り合うことができ、早速、「ふわふわファーのバッグチャーム講座」に行ってきました。

超カワイイです。
OLがヒーヒー言いますよ。

 

アティナカルチャースクール

今回お邪魔したのは西船橋駅、徒歩2分の良アクセスな場所にある「アティナカルチャースクール」というお教室。

ほとんど毎日のように「アイシングクッキー講座」や「ワンちゃんのしつけ方講座」や「こぎん刺し講座」なんかを開いているのですが、そのどれもが「1日(2時間くらい)で習得可能な、1DAY講座」というのが魅力。

私のように、電気ケトルも真っ青なくらい熱しやすく冷めやすい人間には、色々受講できるし、毎日通うこともないから飽きもこず、人生の学びの場を見つけた気分。

月一回くらいで受講して、スキルアップを目指す「意識高い系千夜」を目指そうと、記念すべき1回目の講座が「ふわふわファーのバッグチャーム講座」です。

ふわふわファーのバッグチャームとは……?

チャーム
こちらが先生の作った見本。

見たまんま、ふわふわなファー(ポンポン)で作ったチャーム……キーホルダーとか、ドアチャームです。

すんげーカワイイです。

銀座勤めのOLさんとか、たぶんヒーヒー言いますね。
女子力かなり高いです。

そんな女子力にあこがれて、今回このバッグチャームを選択しました。

作ってみた

リボン

たくさんのリボンや糸に囲まれて、アタシ女子力高め

アドレナリンザブザブ流しながら卓球したり、バイオハザードやったりしている私ですが、たくさんのファーの中からお気に入りの子を選んだりして、段々女子力が上がっているような錯覚に見舞われる。

大抵、こういうようなハンドメイド作りの時、私が一番早く、そして一番雑にできあがることが多いのだが、今回は先生がマメに見てくださって、リボン結びすら出来なかった私も、無事作ることに成功!!

ぽんぽん

Twitterやblogではおしゃべりな私ですが、三次元世界では普段滅多に口を動かすことがないため、相変わらず「ふぁーふぁー……ちが、ふあーフアー……あ、あれ?」と、怪しさマックスでしたが、金髪のツーブロックがきた時点で怪しいことは分っているはずなので、気にしないことにする。

途中、この黒いリボンを結ぶのに必死になっていたとき、「(色が)締りましたね!」なんて他の受講生や先生なんかに褒められたものだから、「シメマシタ!!」と堂々と言ってしまい、私は何に喧嘩を売っているのだろうかと不安にもなったが、気にしないことにした。

そんなこんなでできあがったふわふわバックチャーム。

チャーム

王冠被った小動物みたいで、本気でカワイイです。

ただ、今回の講座の目的は、「私が欲しい」というのもありつつ、実は、作り方を覚えて、姉や従姉妹へのクリスマスプレゼントにする……という事も考えていたのだ。

だが、帰り際にユザワヤへ行って材料買って帰ろうと思っていたら、先生が行っていたとおり「ポンポン、売ってないわよ~」という事態に陥り、先生から大人買いしとけば良かったと反省しきり。

いざとなったら、先生にジャンピング土下座して直接購入させていただくしかないね……。私の土下座は安いよ。

私の愛用の、世界不思議発見のミステリーハンターがデザインした、「カナナプロジェクト」リュックに四六時中くっついて、また私の「○○」の旅に同行し続けると思いますので、マスコットキャラの「ビバチーニ」共々よろしくお願いいたします。

ちゃーむ

※カナナプロジェクトのリュックもオススメです※

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!