【食べ千夜】浅草麦とろ本店に行ってきました【食レポ】

2016年8月22日食レポ外食

フォロワーさんと行く初めての「麦とろバイキング」

先日、フォロワーさんとのオフ会に行くことに。
「浅草の麦とろバイキングとかどうよ?」との言葉にホイホイされ、苦手なくせに最近よく行く都内へと立ち向かいました。

 

そんな食レポ。

浅草 麦とろ本店

向かった先は「麦とろ本店」
本店というからには分店とかあると思うのだが、よくわからねえ。

わかることは「都営浅草線A3出口から、徒歩3秒」ということだ。

 

この日は向かう電車の中で恐らく日本人は2割しかいないのではないかと思うほど、諸外国の言葉ばかりを聞いて「夏休み」という言葉を嫌と言うほど知らしめられていたのだが、ここでもびっくり。

落ち合ったフォロワーさんが「この時間なら並ばずに……」と言った瞬間、彼女の口がプルプルっ!! と震える。

並んでる。確実に30分は待つ人数が並んでいる。

どうやら、このお店、1000円麦とろバイキングは朝11時から1時半までの間のランチメニュー。
だが、12時近くなってしまうと猛烈に混んでしまうため、この時間帯ならと、闇の眷属の私を棺桶から引きずり出し、この時間を選んだのだが、夏休みの力は侮れなかった。

というわけで、名前を書いて待つことしばし。
30分ほど経って名前を呼ばれ向かうと、赤ん坊ならすっぽりはいれそうな壺の中に1000円を入れてくれと言われる。

面白い余興だが、少々下品にも感じなくもない。

相席必須なので気になる人は気になる

この時間は相席となってしまうため、テーブルの向かいに全く知らない夫婦を前に、完全セルフの麦とろゾーンへと。
あまろに混雑しているため、かろうじて撮れたこの写真で勘弁。

麦とろ本店

このような感じで、麦ご飯・とろろ・味噌汁・他総菜やお茶などが並んだカウンターから、各々食べられる分量を食べたいだけ持ってくるというシステム。

……。
実はこの日より3日ほど前から、ヘルパンギーナの最後のあがきか、トイレと友達になるほどではないが、飯を食うと下痢になるという呪いをかけられていた私。

いつも卓球メンバーで行くと「食欲がない」と言いながら、周りの野郎どもがどん引きするほど食に貪欲な私なのだが、残念なことにお腹具合が気になって1ルーチンしか食べることが出来ない。

隣で「2杯くらいで止めとかないと、立つと苦しくなるんですよ~」と言いながら、フォロワーさんがお替わりをしており、非常に悔しい。

向かいの覚めた夫婦も、「麦とろは飲み物かよ」と突っ込みたくなるようなお替わりの仕方をして、ズルズルと食している。

麦とろ本店

美味しい美味しい麦とろご飯

ずるずると喉を流れる心地良いとろろのお味。
総菜の野菜煮も卵焼きもメチャクチャヘルシーで美味い。
恐らくこの分量なら3杯はいけるはずのおいしさ。

どうしてこんなときに限って押せば流れる下痢腹なのだろうか。
きっと私は2016年の8月は天中殺に当たっているのだろう。

 

カウンターの向こうの、うちの犬より大きな鯉をながめ「きっとこの鯉もここの麦とを食って立派に育ったに違いない」そう呟きながら、浅草麦とろ本店のレポを終了させていただく。

麦とろ本店

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!

こちらの記事も読まれています