【日常】携帯電話の名義変更も締め日に要注意!【スマホ】

2016年5月23日日記携帯

Pepper

携帯電話の〆日って本当に面倒くさいね

以前「iphone 5s」から「iphone 6s+」にしたときの、面倒くさい騒動の時の話を書いたことがあったが、その騒動はまだ収まっていなかった。

夫の名前で契約したスマホの「名義変更」である。

販売員によってコロコロ変わる説明

スマホの機種変更時、キャリアも変えることになったのだが、その際「過去のキャリアを解約し、新しいキャリアに変更する手続き」で6時間近く家電屋に監禁状態となり、さらに締め日の関係で3万近くの重なった料金を払うことになってしまったのだ。
(それでもキャンペーンで、2年使い続ければ2人で15万ほど浮くので変えた)

だが、その際、機種変といっても、分割で機種の代金を払う、つまりローンを組むのと同じことになるため、審査が必要となり、個人事業主に成り立てだった私では審査が通らないからと、私の携帯まで旦那の名義で取ることになったのだ。
(※私の場合携帯代も経費になるため、自分の名義にしたかった)

因みに、そのことをソフトバンクショップの店員に告げると、「いや……学生でない限りは、奥様の名義でも普通にとれますけどねぇ……」と首を傾げられた。

当たり前だ。
よく考えれば、旦那の名義で買った携帯なのに、携帯代金は私のクレジットカードから引かれるのだ。オカシイだろう。
非常に不条理で、家電屋の男の子と頭を1~2発叩いて正気に戻らせるくらいしてもよかったのかもしれないが、お昼抜きでの半日に及ぶ手続き地獄で、一刻も早く帰りたかった私も正気ではなかったのかもしれない。

そんなわけで、更に余計な手間をかけさせられることになってしまった携帯騒動なのだが、ここにきてもまた、締め日というやつにやられた。

キャリアで違う〆日

以前のキャリアのauは締め日が月末。
今回のキャリアのSoftBankは、締め日が20日。

それを知らずに、「絶対携帯ショップは混むから」という理由で、月初めに旦那に有給取ってもらって名義変更に行ったのだが…………店員さんに申し訳なさそうに「すみません、今名義変更すると、締め日がずれているので1ヶ月分余分に携帯代取られてしまいますが……」と言われるハメになってしまったのだ。

先に言っとけよ、家電屋のあの小僧!!

家電屋で携帯を買う場合、セールなどで安く買えるのが利点だが、ショップ店員よりも知識が浅く、余計な手間ばかりかけさせられることがあるので、ある程度知識をつけた状態で買った方が良いかもしれない。

番号に対する契約ではなく、名義に対する切り替えの契約変更なので、もし、今後ソフトバンクの携帯の名義変更をする場合、いや、それ以外の契約変更は全て20日に行うことを念頭に入れた方がよいだろう。

auの場合末締めだ。

docomoは知らないので、自分で調べてくれ。

とかく、そんな話で再び、今度は一人でソフトバンクへ行くこととなった私。
(家電屋の小僧は旦那がいないとダメだと言っていたが、委任状と免許証のコピーがあれば、私一人でも問題なかった)

20締めのショップは混んでいる。

番号札は4。
席は2つ。
その席には、新入学する息子の携帯を買いに来た携帯のことがよくわかっていなさそうなママとマザコンそうな子供。もう一つの席には文明の利器すらわかっていなさそうな老人が座っている。

待合席には、イライラと貧乏揺すりをするニッカポッカのお兄ちゃん。

私は、家電屋の小僧を恨みつつ、うつろな目でこちらを眺め続けているペッパー君に話しかけ続け、今日も半日潰すことになったのだった。

Pepper

※ペッパー君は19.8000円+保険となんとかプランで購入できるらしい。※

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!