【魔女の宅急便】ミルク粥のレシピ【ジプリ飯】

シェアする

魔女の宅急便のミルク粥を作ってみよう

魔女の宅急便の二大料理。

それは、おばあちゃんの「ニシンのパイ」とオソノさんの「ミルク粥」だと思っている。
今回はそのミルク粥のレシピを紹介しようと思う。

ミルクと粥。つまりは牛乳とご飯という白×白という組み合わせが美味しいものだろうか。

おかゆには黄色い卵や、赤い梅干しがメジャーな日本ではちょっと引いちゃいそうな組み合わせですが、「シチューかけご飯が美味しく食べられる人」には全然問題ありません!!

材料<2人前>

牛乳……(大体)200cc
水……(大体)100cc
コンソメ……一かけ
冷やご飯……一膳
タマネギ……半分
油……少々
塩こしょう……少々
とろけるチーズ……1枚

ミルク粥

自分で言いますが、結構適当です。おかゆ作ってる時に、きっちりとした分量なんて量ってらんないと思うんですよ。

オソノさんの性格からすると、きっと元気な状態でも分量なんざ量ってないと思いますしね。

大丈夫、適当でも美味しいのがジプリ飯だから。

作り方

1、タマネギを薄くスライス

無ければタマネギ無しでも無問題。

「気分の問題だよ!!」とオソノさんなら言ってくれる。

ミルク粥

2、薄く切ったタマネギをソテ-。

理想は「飴色になるまで弱火でじっくり」だが、ドーラあたりだと「めんどくさいね!!」とかいって、火炎放射器あたりを使いそうだ。

ミルク粥
3、タマネギがしんなりしたら、「水」「牛乳」「コンソメ」を投下。私は普段から低脂肪牛乳しか飲まないので、低脂肪牛乳で作りましたが、以外とその方があっさり作れて良いかもです。

コクを求める場合は普通の牛乳で。

ミルク粥

4、コンソメが溶けたら冷やご飯と溶けるチーズを投下。ここではもう、軽くほぐす程度に。

一瞬犬のご飯ぽいな……と思ってしまいますが、犬にタマネギは禁忌なのでご注意を。

5、軽く塩こしょうで味を調えたら完成。薄味の方がのどの通りもよいので、あまりここで味を調えない方がいいかもですね。

ミルク粥

感想

味はもう、「シチューかけたご飯」そのままである。

それよりも塩味が薄く、「優しい味」である。

うん、きっとオソノさんの匂いってこんな感じなんだろうな。と思わせてくれる。

風邪を引いた時でももちろんいけるし、魔法が使えなくなった時でも心を温めてくれる一品。

ミルク粥

ちなみにフィンランド・インド・イギリスなんかではここに砂糖とシナモンをバーっと入れて、甘くして食べます。

昔イギリスに留学に行ってきた猫背先輩が、「久々にコメを見つけて嬉しくなって注文したら、すんげー甘めえんだよ! あいつら、米に砂糖いれやがるんだよ!!」と激おこしていたが、おそらくそれは「ライスプディング」というデザート的なものを食したのだと思われる。

釈迦は村娘スジャータからこの粥を食べて悟りを開いたらしいのだが、私にはどうも甘い米というものは口に合わないため、悟りを開かず、このミルク粥を食っていこうと思う。

おやおや、魔女から釈迦まで話がとんでしまったよ……。

普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。 ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でカワチヨ.を

シェアする

フォローする?