【WPBlog「簡単な」使い方】Simplicityと相性の悪いプラグイン

2016年1月7日WEB系Simplicity, WordPress

ばつ

Simplicityと相性の悪いプラグインについて

使い勝手の良いテーマ「Simplicity」だが、相性が悪いプラグインというものがある。

初め、それを知らずにプラグインを入れた状態でテーマを「Simplicity」に変えたところ、広告がとんでもないところにでてきたり、せっかくのレスポンシブルデザインがでなくなったり……なんてことがあったので、もし「???」となっている方がいたら、この記事が役立てるように書いておきます。

相性の悪いプラグインその1「Quick Adsense

Quick Adsense」はアドセンスの広告をブログ記事の中やサイドバーに自動で入れてくれるプラグインなのですが、もともと「Simplicity」にはその機能が備わっています。

なので、このプラグインをインストールして有効化してしまうと、中で誤作動を起こすらしく、アドセンス以外の広告。たとえば、Amazonアソシエイトや楽天の広告などを貼った際に、フッターのさらに下に広告が出てくるという崩れ方をしてしまいます。

「Simplicity」でテーマを使うならば、こういったプラグインを用いずとも広告はポンポンと出せますので、有効化しないようにしましょう。

 

相性の悪いプラグインその2「WPtouch Mobile」

「WPtouch Mobile」はWPBlogで書いたブログをスマホなどで見やすいように最適化するプラグインです。

ですが、もともと「Simplicity」にはその機能が備わっています。

なので、「WPtouch Mobile」を導入してしまうと、せっかくのレスポンスが機能しなくなり、モバイル用の広告設定などが出なかったり、設定したデザイン通りのものが出なくなります。

なので、「Simplicity」でテーマを使うならば、「WPtouch Mobile」はインストールしない方が良いでしょう。

 

 

以上、「Simplicity」と相性の良くないプラグインは「Quick Adsense」と「WPtouch Mobile」ということでした。

他にも相性の悪いプラグインを見つけたら更新して、お知らせします。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!