天上から吊す小粋な手作りクリスマスツリーの作り方

クリスマスツリー

シェアする

猫がいても大丈夫「天井から吊すクリスマスツリー」

我が家にはクリスマスツリーはない。
なぜならば、破壊と破壊の神がいるからだ。

3猫
ならば、奴らが遊べない場所にこじゃれたものを作ろう。
そう、天上からオーナメントを吊して手作りのクリスマスツリーだ。

材料

材料はすべて100均一で揃う。

網

普通なら用途のない丸型の網

テグス

今回は20メートルリールを2使ってきた

オーナメント

たくさんあればあるほどいいと思う。今回は50個ほど。

あとは気力

作り方

すみません作成途中の写真取り忘れました。

余りに「同じ作業の繰り返し」が多いので再びやり直す気力は0ということで、勘弁してください。

というわけで、簡単に説明。

網

網にテグスを結んでいきます。

上側になる方は、洗濯ばさみ的なものがあれば(私はカードを挟むやつで代用)それを3カ所止め、3つをつなぐようにテグスを張れば、天上からつり下げやすくなります。

ちなみに天上にフックか何かあることが前提。

そんなものない家の方が当たり前なので、おすすめなのは「壁につけてはがせる両面テープ」と「それ用のフック」を天上にくっつけること。

クリスマスが過ぎたらはがせば、サンタも気がつきません。


オーナメント

下側になる方は、外側にいけばいくほど長い、中心ほど短いテグスをひたすら結んでいきましょう。ちなみにテグスは柔らかいようで固いので、「ぎゅーーーーっ」っときつく二重結びにするとほどけなくなります。

網

天上に、先ほどのテグスのカーテンができた網を引っかけましょう。

できる限り中心をとってやるのがポイント。

あとはひたすらオーナメントを結んでいくだけ。

真ん中に行くほど短く、端ほど長いテグスに結んでいくと円錐状になるはずです。

そう、それがクリスマスツリーなのです。

完成

クリスマスツリー

できたものがこちら。ええ、オーナメントの個数が少なかったのと、輪の端の方なのに短いテグスを使ってしまったばかりに、形が崩れ、「???」となってしまいました。

ま、来年またオーナメントを増やせばいいので、気にせず、手作りクリスマスライフを楽しみましょう~!!

普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。 ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でカワチヨ.を

シェアする

フォローする?