【工作】ロボット兵を作ってみた【ジプリ】

2015年7月22日工作ジプリ

ロボット兵

プラモデルを作ってみよう(初体験)

先日、誕生日プレゼントに猫背先輩からロボット兵のプラモデルを頂戴した。

もう一人の同じ誕生月のうどんこ坊やは化石モードの、そして私は戦闘モードのロボット兵と、神がかったモノを感じるがともかくいただいたものは作りたい。

というわけで、挿絵待ちのとある午後、まったりとプラモデルを作ってみることにした。

万全の体制で挑んだ初プラモデル作り

コーヒーとおやつも用意万端
プラモデル

説明書が思ったよりも細かく、ちょっといちびるも、とりあえず説明に従い組み立てを始めることに。

と、そこでさっそく問題発生。

プラモデル
めちゃくちゃパーツが堅い。

 

レンチのようなモノを、棒の上にはめ込んでいくのだが、それが小さい上に噛み合わせが堅く、1個めを作った時点で指が痛い。

プラモデル

これが堅い

しかもそれを14個作れと説明書が申している。

途中、「爪を差し込んで、グっと入れ込めば少しは楽じゃん!!」と気が付き、親指の爪をパーツの一方に差し込み、反対側をグっと押し込んでいったところ、バチン!!と音を立ててパーツが手から飛び、「やばい壊れた!?」と思ったところ、割れたのは私の親指の爪だったという事案も発生。

さすが、ジブリ製は揺るがない。

対象年齢15歳以上と、結構上の層を指定しているのも納得できた。

指が痛い……

どうにかこうにか、指を冷やしつつパーツを14個組み立てる。

プラモデル

この時点で指が真っ赤になっている。

 

そして、再びよくわからないパーツを組み立て、一体自分は何を作っているんだろうかと不安になる。

プラモデル

関節だろうか……

 

が、先ほどのパーツに外側のパーツをくっつけたところで、モチベーションが再び上がる。

プラモデル

見覚えのあるパーツ

 

 

これは、あそこじゃないですか!!

腕だか羽だかの、あの部分じゃないですか!!

プラモデル

二本できあがる

……こうやって並べると、ちょっとうちの犬のウ〇コっぽく見えなくもないが……。

 

それでも、形が見えてきたことでテンションが上がり、指の痛みも忘れてくる。

プラモデル

手だよ、シータが握ったあの手だよ

 

そして、忘れたころ再び指が痛くなる。

プラモデル

小さな悪夢

 

 

 

再び、指の痛くなる内部パーツの作成。

プラモデル

 

痛い……痛い……とメソメソしながら同じようなパーツを何個も作り、今度は足が完成。

 

プラモデル

バラパーツでも立ちます

 

 

 

結構内股だが大丈夫であろうか……。

一抹の不安を抱えつつ、今度は頭など大きなパーツの作成に入る。

プラモデル

これは!!

 

 

今まで見てきてわかるように、結構パーツが細かく、ゴーグル(?)の様部分も、ちゃんと赤いところを再現している。

プラモデル

細かなパーツも裏にはめ込む

 

 

途中、胴体のパーツの入れ込みが悪く、一度外してもう一度ペンチで入れ込むという力技が発揮されたりもしたが、どうにかすべてのパーツが完成。

プラモデル

空から落ちてきました

 

 

こうして見ると、完全にバラバラ死体である。

だがここには蝶ネクタイ子供も、フケの出る探偵もいない。

いるのは指を痛めたゴリラだけだ。

そして完成へ……

そのゴリラが最後の力を振り絞り、すべてのパーツを接続させる。

プラモデル

出来た。

 

 

しかも、どうにかちゃんと直立できる!!

この勢いで、さらに付属されていたパズーを作る。

余談だがこのプラモデル。ロボット兵のパーツを紛失した際には有料でパーツを送ってくれるらしいのだが、パズーはおまけなのでパーツを無くしても知らないよという、パズーに厳しい設定がされているので、作る際にはご注意あれ。

特に、好奇心旺盛な猫がいる場合は要注意だ。

次はパズーの色塗り

そして組み立てたパズー。

どうしたお前と言いたくなるほど、色がアレだ。

 

パズー

土気色の彼

 

がぶ飲みミルクコーヒーにでも3年漬かってたのかと思うような色合いで、あまりにも切ないので色を塗ることに。

だが、プラモなんか普段作らない一般家庭に、プラモ用のマーカーなんかあるわけもなく、ましてや、大した値段ではないにしろこの先貰わない限りは作らないであろうプラモのためにガンダムマーカーを買うのはいささか気が引ける。

 

というわけで、痛タイツを作った際に活躍した、マッキー12色セットがここで活躍。

とりあえず、ぬりぬり

パズー

ますますばらばら死体感が……

 

 

もっときれいに塗れよと、途中ヤジが飛んできたりもしたが、どだいこんなプラスチックのプラモに塗るためのものでもなく、あっちを塗ればこっちに着くという永久機関のようなことを繰り返してここまで塗ったのだ、勘弁してほしい。

ついでに、パズーのシャツの白は「ポスカ」だ。

触れば消える、変態まっしぐらのシャツを着させられたパズー。

パズー

顔は勇ましい

 

代えのパーツは用意されてないわ、シャツに触れれば変態扱いになるわ、酷い扱いだがそれも彼の運命。

本気で完成!!

 

ロボット兵
ロボット兵との対比

 

 

こうして並べば、ロボット兵との大きさ対比も正確なことがわかり、さすがジブリと言いたくなる。

 

できあがった彼らは、私の仕事部屋にて、ダンボーとドロッセルお嬢様という新たな友人を得て非常に楽しげだ。

ロボット兵
賑やかになっていく

 

 

だが、触れば溶ける服を着させられた彼の元に、シータが来る日は訪れることはないであろう。

パズー
集団で孤独な彼

 

 

今回の品目

 





 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkawachiyoをフォローしよう!

こちらの記事も読まれています