コンセプトレストラン「迷宮の国のアリス」のレポと感想

オススメ料理店

都内のコンセプトレストラン「迷宮の国のアリス」のレポ

不思議の国のアリスの世界観が好きなんです。

あの狂気とPOPに満ちた世界観がたまらなく好きなんですよ!!

というわけで、先日、姉の誕生祝いという名目で「迷宮の国のアリス」というお店に行ってきました。

単なるコンセプトレストランを超えた、エンターテインメント性溢れるお店に興奮しっぱなし。

食レポというよりも、「ただひたすら、私が店員とお店に感動するレポ」になっていますが、ぜひ、ご一読を!!

ダイヤモンドダイニング系列の「迷宮の国のアリス」

ぐるなび - 迷宮の国のアリス (銀座/ダイニングバー)
【ネット予約で楽天スーパーポイントが貯まる】迷宮の国のアリス(銀座/ダイニングバー)の店舗情報をご紹介。お店のウリキーワード:銀座 人気 おすすめなど。ぐるなびなら店舗の詳細なメニューの情報やネットで直接予約など、「迷宮の国のアリス」の情報が満載です。【新橋・銀座駅5分】不思議の国のアリスの世界を楽しめるカフェレストラ【続きを読む】

迷宮の国のアリス」というお店は、ダイヤモンドダイニング系列店の中でも、比較的初期の頃に出来たテーマレストラン。

10年近く前に、当時まだ付き合って間もない頃の旦那にねだって連れて行ってもらったのですが、その当時は、キャバクラのような造りで、ミニスカアリスのウエイトレスに旦那がタジタジになっているのをニヤニヤして見ていた記憶があります(笑)

そんな「迷宮の国のアリス」も今ではがっつり改装。

家族連れや外国人観光客で賑わう、テーマパーク的なレストランになっていたんです。

入り口から凄い

姉と新橋で待ち合わせて5分(銀座からも5分でいける)。

飲み屋など入っているビルのエレベーターで5階へ行くと、扉が開いたと同時にファンタジーの世界へ連れて行ってもらえます。

入口

phot by:迷宮の国のアリス

あまりにファンタジーがすぎて、どこが入り口かわからず、やむなく絵本のような壁に向かって声をかけると、マッドハッターに扮した男性店員がお出迎え。

この時点で、姉のテンションがおかしくなってきました。

一度奥に引っ込んだマッドハッターが中の人に「アッサムが切れているので、注文しておいて」といっていたのに反応し、私に向かって「え、アッサムがどうしたの!?」とドデカい声で聞き返して来たんですよ。

千夜
千夜

ワンダーランドに入る前から、

姉がワンダーランドになってて怖い。

凝った店内と上級の接客スキルを持つ店員

笑いを噛み堪えたマッドハッターに案内され、私たちは二人がけのテーブルに着席。

店内の様子

※鏡張りで広く見せているのだが、その鏡にもたくさんのアリスデザイン※

可愛いアリスのドレスを着た店員さんがうさ耳カチューシャを持ってきてくれ、「アリスの世界へようこそ!!」と笑顔を振りまく。

ウサギカチューシャ

※この辺りで、自分もテンション上げていかないと、おいていかれることに気がつく※

ちなみにこのアリス姿の店員さん。

外国人観光客にも流暢な英語で案内をし、狂っているほど長いメニューをそらで説明し、こちらが何かを言う前にカメラ撮影や気の利いたジョークを飛ばす。

千夜
千夜

三つ星ホテルのホテルマンも真っ青な接客スキルをお持ちで

秋葉のメイドさんも、1杯1000円のコーラを売るならこれくらいはしてもらいたいものだ。

姉

※うさ耳をかけテンションがMAXになった姉。※

店内の様子

※個室っぽくなっている部屋もある※

お店に入ったのは平日の夜6時だったのだが、この時点でちらほらとお客がいて、私たちが帰る8時くらいにはもう店内がいっぱいになっていた。

もし行くなら予約をしておいた方が良いだろう。

ちなみにお客の8割は外国人。

私の隣のテーブルに座った人はヨーロッパ系のおじいさんで、一人席に座りアフタヌーンティーセットを注文していたが、さすがにうさ耳はちょっとどうかと思った。

こだわりのメニュー

メニューの方も凝っており、何が凝っているかというと、メニューの作りが凝っている。

これはもはやメニューではない。

ワンダーランドBOXだ。

メニューボックス

この、どこから何を探せばいいかわからなくなるメニューBOXを手に狼狽えていると、すかさず接客スキル120%の店員さんが来て、逐一説明してくれるのが素晴らしい。

外国人のお客さんには、もちろん英語で接客。

ギャルみたいな見た目なのにすごい有能だ。

恋しちゃいそう。

料理もワンダーランド

メニューにテイクミードリンクなんて書かれているので、遠慮なくお酒を注文することにした私たち姉妹。

お茶

※ブルーハワイ系のカクテルと、姉の紅茶ベースのカクテル※

料理もアリスをモチーフにしたお皿が出てくる上に、三ツ星レストランくらいに絶妙なタイミングで次の料理を持ってきてくれる心使いが嬉しい。

チェシャ猫

 ※チシャ猫のクリームペンネ。お口もソースでできている※

ちなみにコースメニューを頼んでいると、誕生日の人にはバースデープレートがもれなくついてくるのもありがたい。

お土産もくれるよ

お値段は少々高めなのだが、帰りがけに「ワンダーランドで小さくなってしまった身体を、これで大きくしてください★」と紅茶パックのお土産をくれたりと、サービス満点なので行く価値あり。

お土産

 ※マッドハッターのアッサムティーだろうか※

ただし、アリスな店員さんたちが可愛くて、ひょっとするとヤキモチ焼きな方だと彼氏さんの目線の動きにイラっとするかもしれないので、女友達と行く方が楽しいかもしれない。

千夜
千夜

私は舐めるようにアリスさんを眺めてましたがね。

他にも、池袋や新宿なんかにもアリスのお店があるので、何かの折に全店制覇してみたいモノである。

感想

店員さんのスキルも高く、料理も美味しい。

予約がした方がいいことと、料金が少々高め(東京価格?)な点くらいしか欠点が見当たらず、ものすごくオススメ。

サービスもよいし、外国人の友達を連れて行くのもあり。

でも、個人的には彼氏彼女と行くよりも、お友達や姉妹で行くことをオススメします♡

コメント