あっちこっち飛び猫

小説を書いたりゲームを作ったり、たぶんマルチクリエイター。お仕事も募集中。

ローソンの「ぷるるん水ゼリー」を食べてみた!!の感想

連日梅雨並みの雨が降って、非常に冷夏っぽいのですが、毎年夏がダメで天気が良い日ほど具合が悪くなるドラキュラ軟弱な私には、最高に丁度良い毎日です。

そんな肌寒い夏ですが、以前から「水信玄餅」なるものが気になっていたんですよ。

が、どこに売っているかもわからず、遠出してまで食べる気もなく、脳の片隅に残る程度だったのですが、似たような食べ物をローソンで見つけたんですよ。

「ぷるるん 水ゼリー」

f:id:kawashimachiyo:20170816182731j:plain


【広告】



いやこれは食べるでしょう。

「水」ゼリーですよ。

電気ガス水道、日本人のライフラインの中で一番安いといわれている「水」。
その水をゼリーにして130円にして売っているんですもん。そりゃ食べなきゃですよ。


というわけで早速開けてみた。
f:id:kawashimachiyo:20170816182930j:plain

容器の割に水ゼリーが小さいのは予想していたことだし、きなこと黒蜜がついているのもOK。

これは「水信玄餅」の欲求を晴らしてくれるかもしれない。

そんな期待を胸に匂いを嗅いでみると……。

f:id:kawashimachiyo:20170816183055j:plain

ちょっと甘い匂いがする。

おやおやキミは「水」ではないのか?
ゼリー自体は弾力があり、水ゼリーというよりも、水信玄餅(食べたことないけど)のような感触。


色々と過ぎる不安を振り払い、きなこと黒蜜をかけていざ…………。


f:id:kawashimachiyo:20170816183237j:plain


甘い。


黒蜜が甘いとかじゃない。
この水ゼリーが甘い。

私は期待していた。
無味無臭の純粋なる水がゼリーになっていることを。

そのゼリーを食べて「やっぱ水じゃん!!」と突っ込みを入れようとフリまで考えていたというのに。

これはもう。


砂糖水ゼリーだ。


美味しくないわけではないのだが、完全なる水のゼリーだと思って食べると「あ、黒蜜いらないかも……」と思うほど甘い。

どうして砂糖を入れてしまったのだとむせび泣きたくなるような、微妙な甘さが、餅のように固いゼリーとなって口内を転がるわけだ。

130円のゼリーに期待していた私がもちろん悪いし、これはこれで「水ゼリーになにを望んでいたのだ」と言われるほど美味しいものではあるが……。


ああ……水信玄餅が食べてみたい……。