【アイテム】アイリスの布団クリーナー買ってみた感想【お役立ち】

シェアする

先日の記事にも書きましたけど、アバラにヒビが入るほどすんげー咳がでるようになったんですよ。

原因はまぁ……布団のせいではなかったなかったんですが、当時、全ての病原菌とアレルギー源が憎くてしかたがなかったため、思わず布団クリーナーを買ってみたので、その感想を書いてみようと思います。

アイリスの布団クリーナー

商品

私が選んだのは「アイリス」の布団クリーナー。

アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー ホワイト IC-FAC2

アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー ホワイト IC-FAC2

今はやりのレイコップさんとも迷ったんですが、クイーンサイズのベッドで、あとからあとから這い上がってくる、ワールドウォーZのゾンビのような猫共をどかしながら、布団と毛布も吸い込まないといけないと考えると、「充電式じゃだめだ」という結論にいたり、このアイリスの布団クリーナーに。

f:id:kawashimachiyo:20170217183648j:plain
ゾンビがゴミのようだ
PHOT BY
映画「ワールド・ウォーZ」、圧巻の8,500体ゾンビシーンの裏側|WIRED.jp

あと、レビュー見ても吸い込みとかが他より良いみたいだし、何より安い。
安かろう悪かろうでは困るが、他と何ら遜色なく、それでいて安いならその方がいいではないか。

なにより、私がアイリスを愛するのは、コロコロの性能が良かったから!!
tobineko.officekawachiyo.com

というわけで、早速Amazonで注文し、届いた布団クリーナーを使ってみた。

感想

f:id:kawashimachiyo:20170217184011j:plain

届いた物は、「布団タタキが内蔵されたハンドクリーナー」といった感じ。

重さは恐らく充電式の布団クリーナーよりか軽い感じがする。

そして、ダニセンサーというものがついており、アレルゲンやダニなどを感知して赤~緑へとライトが変わるそうなだ。

では、本当に察知するかやってみよう。

ナニコレオモシロイ

おもちゃ好きの私としては、色が変わるのを見るだけでも掃除の重荷がちょっと解消されて嬉しい。
本当にダニを感知しているのかは謎だが、念入りに吸い込んだ場所は「緑」ランプになるので、本当に感知している可能性が高い(疑い深い)

難点

ただし、ここで一つ難点を見つけてしまった。

「猫毛等、大きめのゴミが吸い取れない」

f:id:kawashimachiyo:20170217184718j:plain

布団の端に溜まっていく猫毛のツイストしたものたち。
だが、仕方ない。この掃除機は「ダニ」や「ホコリ」といった、目に見えない細かいアレルゲンを吸い込むものであって、毛など「コロコロで取れ」ということなのだろう。

セット販売をもくろんでいるのか……

どうやら他の布団掃除機も、細かなハウスダストは吸い込めても髪の毛などは吸い込みにくい様子(レビューを見た限りで)

もしかしたら、ダイソンの掃除機なんかだったら塵もホコリも髪の毛も、変わらない吸引力で吸い込みきってくれるのかもしれないが、それはダイソンと神のみぞ知ることだ。

Dyson digital slim DC45MH

Dyson digital slim DC45MH

だがまぁ、実はこの大きめのゴミ、取ってくれないわけではなかったようだ。

結果

f:id:kawashimachiyo:20170217185155j:plain

食事中の人がいたら申し訳ない位汚い写真なのだが、ひとしきりベッドと布団、毛布を掃除したあとのフィルターがこれだ。

本来なら水中で開けと書いてあった位、パウダー状のこまか~~~いハウスダストがめいっぱいくっついてて、驚愕。

ついでに我が家のケモノファミリーの毛もゴマっと巻き込まれていて、普段この上に寝ていたのかと思うと、鳥肌が経つ。

ダストボックスごと水に突っ込んで洗えるのも良いし、重さも軽く扱いやすい。
毛など大きめのゴミが吸いきれないのが難点なので、もし「ハウスダストごといっちゃいますで!!」という強力な掃除機があればそれ1台の方が楽だとは思うが、寝具のハウスダストが気になる方や、布団クリーナー初体験の方には、アイリスの布団クリーナーがオススメだ。

アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー ホワイト IC-FAC2

アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー ホワイト IC-FAC2

因みに、アイリスからはコードレスの布団クリーナーも出てるもよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でカワチヨ.を
普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。 ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

シェアする