--- ---
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちこっち飛び猫

小説を書いたりゲームを作ったり、たぶんマルチクリエイター。お仕事も募集中。

Chiyo's「○○」take

落ち着きのない管理人が色々しでかした冒険日記。たまにはお役立ち情報も
更新はまばらですがお許しを

【日記】夫の寝言

日記

f:id:kawashimachiyo:20170131182207j:plain:w400

旦那の寝言は酷い。
いびきも酷いのだが、寝言がともかく酷い。

あまりにも酷いので、ちょっとここで晒してみようと思う。




【広告】



ダメぽ


隣でいびきをかいていた旦那が、突然言った。

「あ、これダメですねぇ」


彼は夢の中でも仕事をしているのだろうか。
だとしたら彼は家庭でも仕事でも夢でも、ダメな気がするが、確かにダメと言――。


「ムリぽ」


今、「ムリぽ」って言ったー!?
え、なにちょ、仕事でもムリぽとか言ってるの!?

夢の中でも消極的な旦那に衝撃を覚えている私の耳に、さらなるとどめの一言が届いた。


「ダメぽ」



誰だおまえは

隣で寝ていた旦那が突然大声を出した。

「誰だおまえはっ!!」


お前こそ誰だよ。本当に旦那か?
そう思いつつも、隣で寝ている旦那がバタバタと暴れだし、ベッドから犬や猫が蜘蛛の子を散らすように逃げていくので、さすがに彼を揺り起こした。


ちょっと、起きてよ

んああ……。ああ夢か……

あんた、なに見てたの?

いや、家を知らない中東系のおっさんが掃除しててさ。クイックルワイパーで一生懸命床拭いてるから、「なにしてんだ!!」って怒ったら「掃除です」って言われて、こいつ泥棒だって思って取り押さえたんだよ

……そのおっさん、たぶんいい人だよ

伝説のファイター

隣で寝ている旦那が急に呻きだした。
ガタガタと震え「ウーーウーー」と呻いている。
これは、ただ事では無いと思い立ち、慌てて旦那を揺り起こそうとしたその瞬間。


f:id:kawashimachiyo:20170202192341j:plain



旦那が飛び起きながら言ったのだ。


「伝説のファイターが!!」


……と。


呆然とする私に、軽い戦闘をこなした兵士のような顔をした旦那が言う。


俺の前に伝説のファイターが現れたんだよ。互いの肩には光るバッチが付いててさ、その明かりをつけられたら周囲の人間に気がつかれて、GAMEオーバになるから、俺らはもみ合って、互いの肩のバッチのスイッチを入れようとして……俺の電気が伝説のファイターによってつけられたんだよ

メタルギアソリッドかよ




そんな寝言の激しい旦那と暮らして早10年。
いつか彼の口から徳川埋蔵金のありかが出てこないかと、淡い期待を抱いている。