--- ---
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちこっち飛び猫

小説を書いたりゲームを作ったり、たぶんマルチクリエイター。お仕事も募集中。

Chiyo's「○○」take

落ち着きのない管理人が色々しでかした冒険日記。たまにはお役立ち情報も
更新はまばらですがお許しを

【コラム】金髪の利点【日記】

日記

f:id:kawashimachiyo:20170202113837j:plain:h400

数年前からしばしば金髪にしている私。

ヘアカラーにアレルギーが出るため、「ブリーチで金髪にしちゃえば白髪が紛れてちょうどいいんじゃね?」と思い立ったのが事の発端だが、それはそれで別の効能もあったり無かったり。

維持するのに金はかかるわ、髪は傷むはだが、それでも「金髪にする利点」をお伝えしようと思う。





【広告】


さて、金髪にした経緯やら、そのケアの仕方については以前も述べたので割愛させていただくが、

tobineko.officekawachiyo.com

100%日系日本人の私が、日本人に囲まれて生活しているとやっぱり金髪ってだけで、特異な目で見られたりする。


先日なんか見知らぬ子供に指さされ、「カズレーザーカズレーザー」と言われたこともあったり。
f:id:kawashimachiyo:20170202120109j:plain:w200
phot byニュースウォーカー

赤い服なんか着てないよ。


それでも良い点がたくさんあったりする。

白髪が目立たない

そう。
これが一番のメインだったんだけどね。
染めるほどでもないけど、分け目とかに生えている2~3本の白髪が気になっていたのが、全然気にならなくなる。
というか、見えない。

色的にも若々しい気分になれるのもいい。

顔を覚えてもらいやすい

仕事柄、クライアントに顔を覚えてもらうってのも大事だ。
むろん、普通の会社の営業なんかでそれやったら、たぶん3時間でクビになると思うのでおすすめできないが、私のような「文章書きます」「イラスト書きます」みたいな職業だと「金髪のあの人=川島千夜」で覚えてもらうことができるので、手っ取り早い。

仕事を説明すると3秒で納得される

これは大抵病院での話なのだが、アレルギーが爆発して点滴を打ってもうとき、「千夜さんって、なんのお仕事を?」と言われ「ああ、売れたい小説家兼イラストレーターです」みたいなことを言うと、100%の確率で「ああ、やっぱり」と一言言われる。

そして「じゃ、右手に針刺すのは止めましょうね」と大抵左手に点滴を打たれるのだが、この「ああ、やっぱり」で話を終わらせてもらえるのが、非常に楽でいいのだ

道を聞かれない

黒髪の時、外を歩くと10回に3回は老人に道を聞かれることのある私。
正直言って、「○○さんの家ってどっちですか?」なんて言われても、そんな個人宅なんざ知るわけもない。

町内会長でもやってれば別なのかも知れないが、あるときなど「一番近くの自販機は?」とまで聞かれ、本気で困った。

shiriに聞けよ。


そんな「道を聞かれる」ということも、金髪の間はパタリと途絶えるから面白い。
黒髪だろうが金髪だろうが、返答は「グーグルマップを見た方が早い」しか言わないのにね。

割り込みされない

人間って、本当に見た目で判断しているんだろうなと思うのがこの現象。
私の住む半端田舎は、高齢化社会を如実に映し出しており、小学校の新入学生はたった12人なのに対し、昼のスーパーは老人であふれかえっており、カートを持った老人達がゾンビのごとくノロノロと移動しているため、結構ストレスが溜まる。

さらに輪をかけて、かれらゾンビ老人たちはナチュラルに割り込みをしてくるため、買い物の度に般若のような顔をしていることが多かったのだが、金髪にするとそんな割り込み老人達がちらりと私の顔を見、そして大人しく後ろに並ぶようになるのだ。

……お前らわかってやってたのかよと思うと、なおさら腹が立つがね。

レジでがん詰めされなくなる

そして、割り込み以上に私が嫌なのは「レジでまだ会計を済ましていないのに、後ろの老人が肘がぶつかるくらいまでガン詰めしてくること」だ。

私がノロノロしていたのならわかるが、レジの人が「○○円になります」と言った瞬間に、どうして私の真隣に立つんだよ。
財布からお金を取るのも、肘が当たってじゃまになるし、なにより財布をのぞき込まれたりして非常に不快だ。

以前、郵便局のATMで女性の真後ろぴったりに爺さんが立ち、「のぞき込まないでください!!」とキレた女性となぜか大げんかになり、私がアワアワと局員を呼びに行くというリアルドラマに参加させられたことがあったが、キレた女性の気持ちがよくわかる。

私も2~3回「じいさん(ばあさん)近すぎだから、まだ会計終わってねえから」と注意して、下がらせたことがあるが、そうした不快な現象が、金髪の間は起こらないのだ。


口が悪いからか、注意すれば抵抗してくることはなかったのだが、はなっから近くによられないならそれに越したことは無い。


金髪は、魔物避けにも適しているというこのなのだ。


まとめ

さて、こうした利点を鑑みてみると、あれだね。


人間って所詮見た目なんだね。


f:id:kawashimachiyo:20170202123903j:plain