【オススメアイテム】これからの時期に。眼鏡ユーザーに。マスクをしても、もう曇らないアイテム

シェアする

インフルエンザからの花粉症。

この時期必須の「マスク」。
だが、メガネユーザーにとって、このマスクが厄介。
自分の鼻息上記でメガネが曇り、前が見えなくなるのだ。

そんな「メガネの曇り」を圧倒的に減少させる最強アイテムを見つけた。

この時期から春先までマスクが手放せなく私だが、視力が昼間のフクロウより悪い私にはメガネも365日寝ている時間以外は必須アイテムだ。

だが、このメガネとマスク、相性最悪ね。

マスクの隙間から自分の吐いた息が水蒸気となり、メガネを曇らせ視界を奪う。

f:id:kawashimachiyo:20161220151009j:plain

「メガネがだめなら、コンタクトにすればいいじゃない」とかいう、視力界のマリーアントワネットがいるかもしれないが、そんな奴には「ドライアイ」というプレゼントをもれなく贈りたい。

tobineko.officekawachiyo.com

なので、メガネの曇り取りをメガネに塗ってからマスクをしたり。

メガネのくもり止め ハンディスプレー 18ml

メガネのくもり止め ハンディスプレー 18ml

鼻当て付きのマスクをして見たり色々やったのだが……。

(PM2.5対応)快適ガードプロ プリーツタイプ レギュラーサイズ 30枚入

(PM2.5対応)快適ガードプロ プリーツタイプ レギュラーサイズ 30枚入

メガネの曇り防止スプレーなんかは、確かに効果はある。
だが、毎日毎日塗ってられん。効果時間短すぎ。
しかも、メガネは確かに曇らないが、水滴がメガネの縁に溜まって、陸に上がっているのに水中メガネをつけているみたいになるのは、どういったことだろうか。

そして、鼻当て付きのマスク。

高いよ。

女がマスクすると、ファンデーションやらチークやらであっという間に汚れるわけよ。
汚れなかったとしても、元来マスクって使い捨てでしょ。
それなのに、鼻当て付きのマスクって、高いのよ。

しかも、サイズが合わないと高かろうが、安かろうが、鼻当ての隙間からにじみ出た水蒸気がメガネを白くさせていく。

そういったわけで、メガネの曇り防止スプレーと鼻当て付きのマスクをどうにかやりくりしながら、インフルエンザや感想や花粉と戦ってきたのだが、この度、たまたま言ったドラッグストアで良いものを見つけてしまったのだ。

f:id:kawashimachiyo:20161220152742j:plain

「何度もくっつく ノーズパット」

これ自体は200円くらいなのに、繰り返し使えるので、安いマスクに付ければ経済的。
フィット感もかなりよく。メガネの曇りもほぼ気にならないくらいに。

f:id:kawashimachiyo:20161220152932j:plain

二本入りなので、ボロっちくなったら換えようと思ったら、かなり持ちがよい。
f:id:kawashimachiyo:20161220153008j:plain

付ける時に、自分の鼻の形に合わせられるのもイイ!!

このフィット感をお伝えしたかったのだが、片手でカメラを持っていたためブレブレで申し訳ない。

だが、これがあれば、少しは快適なお外でマスクライフが過ごせるので、オススメです。

f:id:kawashimachiyo:20161220155539j:plain

東京企画販売 立体設計Wワイヤーマスク大人 120枚

東京企画販売 立体設計Wワイヤーマスク大人 120枚

普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。 ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でカワチヨ.を

シェアする

フォローする?