【合法レシピ】「アサリと椎茸のほうじ茶スープ」作ってみた【漫画飯】

アサリと椎茸のほうじ茶スープ

シェアする

今回は「アサリと椎茸のほうじ茶スープ

どんだけ紺田照の合法レシピが好きなんだよと言われそうですが、今回も、非合法に美味しい、合法レシピを作ってみたので、料理&食レポをしてみたいと思います。

紺田照が敵対するヤーさんによって、冷凍車に閉じ込められてしまい、身体を温めるために飲んでいた、肉厚の椎茸と、プリップリのアサリのほうじ茶スープ。

年の瀬のこの寒い中。
飲んでみたくなりました。

スポンサーリンク

材料

・ホンビノス貝(本当はアサリ)
・しいたけ
・ほうじ茶
・醤油せんべい

アサリと椎茸のほうじ茶スープ

すんごい少ない材料で出来ます。
塩も醤油もいりません。

そして私はアサリを「ハマグリ」と勘違いし、スーパーでさらに勘違いして「ホンビノス貝」を買ってきました。

二重に間違えましたが、貝には変わりないので美味しく出来ます。

料理は大体が大切!!

作り方

ご本家のクックパッドにも載っていますが、私の料理レポをご紹介。

①お鍋にホンビノス貝(本当はアサリ)を投下。
一応、水道水で殻は洗ってね。

アサリと椎茸のほうじ茶スープ
砂抜きしてないときは、砂抜きもね

②さらに、石付きを切って大きめにスライスした椎茸を投下。
アサリと椎茸のほうじ茶スープ
肉厚の方が美味しいよ

③そこにお好みの分量のほうじ茶を入れていきます。

アサリと椎茸のほうじ茶スープ
茶葉からでなく、ペットボトルのでもOK

④貝の蓋が開くまで、アクを取りつつ茹でていきます。

アサリと椎茸のほうじ茶スープ
味付けなんかはしないでOK

⑤貝に火が通ったら砕いた醤油せんべいを入れます。
大体1人分1~1.5枚で丁度良いかと。
そして、一煮立ちして完成。

アサリと椎茸のほうじ茶スープ
パリパリが好きな人は火を止めて、食べる直前に入れてもアリ

醤油せんべいから味が染み出すので、味付けはこれでOK!!
お椀に盛って召し上がれ!!

アサリと椎茸のほうじ茶スープ

感想

一切の調味料を使わず、ほうじ茶で作ったスープ。
半信半疑で飲んだ旦那がこう言いました。

旦那

ほうじ茶とせんべいの香ばしさ、貝とせんべいの塩味、貝と椎茸の歯ごたえ。
すべてが三位一体となって、身体を温めていきます。
父と子と精霊に謝罪ですよ。

せんべいも、私は歯ごたえがある方が良かったので、火を消してから入れたのですが、それでもふやけ、食べる頃には秋田名物きりたんぽのような感じに……

ほんっきで、美味い

寒い冬でなく、少し冷まして夏の汗をかいた日になんか飲んでもいいかも。
書いている今でもまた飲みたくなってくるこの「アサリと椎茸のほうじ茶スープ」。

ぜひお試しあれ!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。
ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

シェアする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています