大人の塗り絵をやってみた感想【楽しい】

塗り絵

シェアする

スポンサーリンク

大人の塗り絵をやってみた

前から欲しくて気になっていた「大人の塗り絵」シリーズ。

とうとう「ねむれる森」の1冊を買い、やってみたのですが……。

楽しいわ、コレ

種類

元は曼荼羅シリーズから始まったとの噂の大人の塗り絵。

今回私が買った「ねむれる森」以外にも「ひみつの花園」や「大人ディズニー」など色々な種類がある。

私は中の絵を見て一目惚れしたこの「ねむれる森」を買ったのですが……。

この狂気にも満ちた緻密な絵が素晴らしい。

大人の塗り絵
塗るのも辛いが線画も辛い……

おすすめ色鉛筆

そして肝心の色鉛筆。

私が使っているのは大昔にかった「色辞典」という色鉛筆のシリーズ。
芯が柔らかく塗り心地が良いのでおすすめ。

色鉛筆

発色はまあまあなのですが、色がともかくたくさんあるのと、「色辞典」という名前の通り本のようになっているので、持ってるだけでワクワクします。

色鉛筆

ま、色鉛筆だったらなんでもOKだと思いますので、ある程度の色が揃ったところで、塗り開始。

早速塗っていこう

狂気に満ちたページは本当に時間があるときじゃないとやる気が起きないので、小さなものから。

大人の塗り絵
このページで小一時間。

隣のページに作者の執念信念を感じる絵があったりしますが、やりたいページからやるのが良いかと。

大人の塗り絵
目がチカチカする。

やってみて思ったことは、「やっぱり楽しい

子供の頃、塗り絵に夢中になったことがある人にはわかると思いますが、無心でただ色を塗っていく「瞑想」にも似た時間。
自分のこだわりを、好きなように出せる自由。

たまりませんよ~。

そんなこんなで、つい本気を出して塗ってみたのがこちらのページ。

大人の塗り絵
確実に毒持ってるわ。この鳥。

もはや、遊びなんだか仕事なんだかわからなくなってきてしまいましたが、満足のできた1枚が出来たときはほんと爽快。

大人になって塗り絵なんて……と思わず、ぜひぜひやってみてください。
置いとくだけでインテリアにもなりますよ~。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。
ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

シェアする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています