あっちこっち飛び猫

小説を書いたりゲームを作ったり、たぶんマルチクリエイター。お仕事も募集中。

【犬話】犬のアレルギーについて知ってることを話そう【ペット】

f:id:kawashimachiyo:20160526125743j:plain:w200

猫屋敷として知られている我が家だが、犬もしっかりと生活なされていたりする。
現在飼っている犬は2代目。
初代は18歳まで生きたシーズ。
2代目は地獄(保健所)上がりの雑種犬。
どちらも、「アレルギー持ち」である。

そんなアレルギー持ちのワンワンとの生活で学んだ、犬のアレルギー対策をちょこっとご紹介。



【広告】




アレルギーの原因

私自身がアレルギー国王なのでわかるのだが、アレルギーには色々な原因がある。
私の場合食べ物や雑菌だったりするのだが、犬の場合も食べ物だったり……ストレスだったりする。

さらには、「ハウスダストアレルギー」だったりもし、「お前自身がハウスダストじゃん!!」と突っ込みたくなるのだが、ともかく、うちに居住を決めた犬たちはチリホコリダニに弱い。

ちなみに、ストレスでもアレルギー……というか、前足をカミカミしてしまったり、血が出るほど皮膚をかきむしったり……ということがあるので、そんなときは飼い主たる責任をかみしめて、ちゃんと散歩につれていったり、愛情かけて可愛がってあげるようにしよう。
外飼いの足腰弱った老夫婦の家で飼われているワンちゃんに多かったりする。
自分の体力的に散歩に出られないときは、散歩だけをしてくれるペットシッターもいるので利用すると良いだろう。

アレルギー対策

というわけで、この病状に関しては対処法しかない。
いくら病院絵ステロイドをもらったとしても、根本を絶たなければ再発してしまうし、ずっとステロイドを投与し続けていると、筋肉が薄くなり、足腰が立たなくなり、しまいには寝たきりからの痴呆が始まってしまうので、私はアレルギーに関しては、極力薬に頼らない方法をおすすめしたい。

というわけで、食べ物のアレルギーがわかっている時はその食べ物を与えない。
今は、アレルギー対策用のフードもある。

もし、「食べ物っぽいけど何がアレルギーかわからない」という場合は、ちょっと高いがアレルギーケア用の療法食のみを与え、調子が戻ってきたら、一品ずつ「ササミ」や「米」「魚」などをあげて、何を食べたときに痒がるかをチェックしていくと良いだろう。

療法食の場合、普通のドッグフードのアレルギーケアよりも食物の分解が小さいらしいので、アレルギー反応が起こりにくいらしい(と、獣医が言っておりました)



因みに、血液検査で食べ物のアレルギーチェックをできることはできるが、人間でも12種類でン万とかするのだ。
保険のきかないペットの場合、かなりの額になるので、私は獣医にさりげなく「やめたほうがいいよ……」と言われてしまった。

命に関わるほどのアレルギー反応があるわけではないのなら、上記のチェック方法でみていくのがよいであろう。


外的要因のアレルギー対策

食べ物が原因でない場合のアレルギー対策だが、これはこれで厄介だ。
ホコリやダニのフンなどといったハウスダストが原因の場合、まめに掃除をするなどで対策をしていくしかないのだが、そのハウスダストを生む原因が「アレルギーを起こしている張本人」の毛だったりするのだから……。

というわけで、家をまめに掃除すること、極力カーペットは避け、クッションフロアーにして、クイックルワイパーをかける。
ベッド用の掃除機を買って、まめに吸い取る。

そんな地味な生活習慣を身につける必要がある。


そして、犬自身もまめにお風呂を入れる必要性があるのだが、犬自身も油が出ており、それを取り過ぎても肌が乾燥してカユカユになってしまうので、色々と面倒だが月に一回くらいがベストであろう。

そして、人間でもアレルギー肌には乾燥は大敵なので、犬にも保湿が必要となる。
が、犬の場合その保湿剤をなめてしまうので、ワセリンよりも100%の「馬油」のほうがおすすめであろう。

馬油100(バーユ100%)

馬油100(バーユ100%)

因みに、我が家では私の顔・髪、旦那の背中・肘、そして犬の脚にと馬油は大変重宝されている。


ペットにおすすめ入浴剤とシャンプー


そんな野生では考えられないほどまめにお風呂に入ることになった飼い犬だが、おすすめの入浴剤がある。

硫黄成分の含まれた入浴剤、白華の湯。
これは、人間でもお肌すべすべになって良いと評判の入浴剤なのだが、いかんせん硫黄だ。
下手をすると浴槽が傷んだり、あと……少々smellが気になったりするので、そのへんは各々の判断でやっていただきたい。



そして、シャンプーなのだが、動物病院の先生おすすめだったのが、人間用の「フルフル」というシャンプー。

コラージュフルフル ネクストシャンプー うるおいなめらかタイプ 400mL (医薬部外品)

コラージュフルフル ネクストシャンプー うるおいなめらかタイプ 400mL (医薬部外品)

殺菌成分がある薬用シャンプーなのだが、旦那の頭ニキビにも良く効いた。
カビ菌アレルギーのワンちゃんにはおすすめのシャンプー。
ただし皮脂もがっつり落としてしまうので、保湿は忘れなきよう。
そして、人間用なので、なめたりすすぎ残しのないよう気をつけましょう。


まとめ

と言うわけで、アレルギーもちの犬飼いとして

・シャンプーはフルフル
・入浴剤は白華の湯(硫黄成分があれば多分なんでもいいのかも)
・月一のシャンプー
・保湿に馬油
・小まめな掃除
・アレルギー用フードで食物アレルギーのチェック
・たっぷりの散歩

これらの対策をすれば、ある程度はどうにかなるということをお伝えしました。




………………。




なんで犬に奉仕してるんだろ……

f:id:kawashimachiyo:20160526133417j:plain:w400