【お酒】飲んでみました「ランビック」【食レポ】

シェアする

f:id:kawashimachiyo:20160516162100j:plain
私の愛読書「もやしもん」で「ランビック」と言われる天然酵母を取り込んだビールを飲むシーンがある。

爽快なほど酸っぱくて、美味しいらしい……。
というか、美味しいだろ、絶対それ。

そんなわけで、ビール好きな私は、ベルギービール、ランビックを捜す旅に出たのだ。

ランビックとは?

f:id:kawashimachiyo:20160516162338j:plain:left

ビール大国ベルギー生まれの天然酵母のビール。

ただでさえ酸っぱいところに、フルーツを入れて更に酸っぱくさせているという、聞いているだけで口の中に唾液が溜まってくるようなビールである。

ランビック – Wikipedia

日本で手に入れるには

輸入食品店に行けばあるかと思っていたが、KALDIでも業務用スーパーでもなし。
当然、普通の酒屋にあるわけもなく、結局のところAmazonに頼ることになった。

もう、Amazonとヤマトさえあれば、火星ででも生活が出来る気がしてきたよ。オデッセイ。

ただし、Amazon直ではなく他の業者を通して……になってしまうのが面倒だったため、今回は「リンデマンチェリー」という、チェリーフレーバーの物を購入。
日本ビールと書いてますが、ベルギービールの輸入品なのでご心配無用。

飲んでみた感想

f:id:kawashimachiyo:20160516163150j:plain:w250:left

届いたのは、シャンパンのようなオサレな見た目の瓶。
猛烈にわくわくする。

物のついでに、私の好きなビールも2種類ほど用意して、いざささやかな宴。

f:id:kawashimachiyo:20160516163318j:plain:w150

栓を抜くと広がるのは、濃いチェリーのニオイ。
かなり独特だ。
f:id:kawashimachiyo:20160516163428j:plain

色もまっ赤っかで、泡まで赤く、ドラキュラの飲み物のとして献上されそうな一品。

f:id:kawashimachiyo:20160516163534j:plain

原材料にチェリー果汁が入っているので、そりゃそうだと言いたくなるが、どうしてそこに甘味料(ステビア)をいれた、ベルギー人と突っ込みたくもなる。

f:id:kawashimachiyo:20160516163547j:plain

そして一口飲んでみた感想は……。

子供の頃に食べた駄菓子の「チェリーガムや」

香りはドクターペッパーっぽいので、なんとも言えない毒々しさが口内に広がる。

本当に、本当にこれ天然酵母で作られたビールなわけ!?
と思いつつも、その酸味・香りはまさにデザート。

銀座のOLさんたちがヒーヒー言うだろうね。
あと、意識高い系の女の子を落とすときとか、これ与えてみるといいかもしれない。

因みに、普段フレーバービールを飲むときは、ちょっと大きめのスーパーなら売っているキリンのフレビアがおすすめ。

f:id:kawashimachiyo:20160516141820j:plain

甘味料は使っていないのに、コーンスターチの甘さがよいし、苦みもないので、ビールが嫌いな人にもおすすめできる。

とまぁ、結局のところ、微妙な感想で終わるが、メチャクチャ酸っぱいわけでもないし、苦くもなく、ビールとしてではなく、カクテル的なポジションとして飲むにはよい、女の子向けのビールでした……というわけで、今日は終わる。
うん、締まらないのう……。

もやしもんは勉強になるよ~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でカワチヨ.を
スポンサーリンク

シェアする

フォローする?