--- ---

あっちこっち飛び猫

小説を書いたりゲームを作ったり、たぶんマルチクリエイター。お仕事も募集中。

Chiyo's「○○」take

落ち着きのない管理人が色々しでかした冒険日記。
★はてブにレスはしないので、返信希望のコメはコメントにしてください★

お菓子の家を作ってみた:無印キットでも難しい!!

ヘンデルとグレーテルはお菓子の家を見つけました。

壁はさくさくのクッキー、屋根はとろけるようなチョコレートです。

そんなん、夢過ぎるだろ

だから私はつくることにしたのだ。

 

【広告】

 

 

というわけで、子どものころの夢を叶えてみようと、子どもが終わって20年近く経つ大人がお菓子の家を作ることにした。

2015年というは便利なモノで、ヘンデルとグレーテルが森をさ迷っている時代にはなかったであろう「お菓子の家キット」が無印で売られている。

f:id:kawashimachiyo:20160401124701j:plain

それを購入した私は、来客が来る日を見計らってお菓子の家作りをはじめた。

f:id:kawashimachiyo:20160401124644j:plain

アルフォートはレンガになる予定

キットの中には頑丈そうなクッキーの壁と屋根。それを付けるためのアイシングの粉砂糖、そしてサンタさんが鎮座していた。

f:id:kawashimachiyo:20160401124646j:plain

かなり頑丈そう

f:id:kawashimachiyo:20160401124648j:plain

賞味期限を見上げるサンタさん



さて、作り方は簡単。

アイシング用の粉砂糖をボウルに出し、水で溶かす。

f:id:kawashimachiyo:20160401124649j:plain:w250f:id:kawashimachiyo:20160401124651j:plain:w250

とろっとした感じになればOK。

どうやらこれは壁や屋根を付けるのりの役目を果たすようだ。

付属の絞りにいれて、できるだけ小さく口を切る。

f:id:kawashimachiyo:20160401124653j:plain

ついでにアルフォートも並べておく

そして、アイシングを壁となるクッキーに流し、互いを付ければクッキーが壁に早変わり!!

f:id:kawashimachiyo:20160401124630j:plain:w250f:id:kawashimachiyo:20160401124634j:plain:w250

のばして組み立て

だがここで問題が生じる。

思っていたよりもアイシングの粘着力が弱く、油断すると壁が倒れていってしまうのだ。

これじゃ、ブーもフーもあったものではない。※三匹の子豚

やむなく、ある程度乾くまで手で押さえ、そのまま冷蔵庫に入れることを繰り返す。

f:id:kawashimachiyo:20160401124636j:plain

煙突は重さがないのですぐにくっついた

屋根を付けては冷蔵庫、壁を付けては冷蔵庫。

いい加減フルフルも狩り終わるころ、ようやく家の全体像が見えてきた。

f:id:kawashimachiyo:20160401124639j:plain

細切れでやるので中々進まないが、進まないのはお菓子の家作りの方だ。

できあがった家に今度は余ったアイシングをかけ、いよいよ楽しい飾り付けタイム……。

のはずだったのだが、やはりアイシングが緩すぎて雪代わりの砂糖がぼたぼたたれて流れていく。

f:id:kawashimachiyo:20160401124640j:plain

止まらない砂糖水。もはや別の何かに見えてきた。

雪解け水と化したアイシングは屋根の上に残ることを拒み、皿の上、アルフォートの上にと落ちていく。

f:id:kawashimachiyo:20160401124643j:plain

もうこうなると人間の手に負えなくなるのは自然界と一緒。

それどころか、サンタの頭にまで刺さって乾いていく始末。

おいおい、クリスマスサンタ脳天殺害事件かよ。

f:id:kawashimachiyo:20160401124637j:plain

子どもが泣きそうなシチュエーションなのでかわいらしくぼかす。

結局、どろどろになったアイシングを再び冷蔵庫で固め、来訪したお客さんと二人、気まずい笑いを浮かべ合ったのだった。

教訓

夢はでっかく、アイシングは固く!!

f:id:kawashimachiyo:20160401124703j:plain

タイガークラウン STクッキーハウス 1939

タイガークラウン STクッキーハウス 1939