猫のお面の作り方

シェアする

猫面の作り方をご紹介!!

ブログ写真を撮っていると、顔が写ってしまった際、どうしてもペイントのスプレーで不細工に顔を潰す他なくなってしまう。

私とフクロウ

※ホラー映画みたいだ……※

ペイントで5秒でできる簡単なプライバシー保護。
だが、それがださくて気に入らない。

なので、はじめからお面をかぶって写真を撮ればいいじゃないかと気がつき、どうせなら狐のお面をと思い、いつも便利なAmazonで探すことにした。

しかしここで問題が。
売っている猫面は大陸からの個人輸入で、手作り品による多少の違い以前に

・届いた時点でぼろぼろになっていた
・注文した図柄と全く別のモノが送られてきた
・燃えるゴミの日でよかった

と、クレームコメントばかりで、さすがに買うのにためらいを覚える。

だが、死んだ婆っちゃが言っていた。

「買えないなら作ればいいじゃない」

というわけで、Amazonで真っ白なお面を買い、自ら絵付けすることにしました。

広告


材料

真っ白なお面は3個で480円と、絵付けされているお面より遙かに安い。
これすら割れて届いたらどうしようかと思っていたが、ぱっと見ひどい損傷もなく一安心。

※これは5個入りのタイプです※

あとは、ダイソーで買ってきた100円の絵の具と筆を用意すれば、婆っちゃも背後でほほえんでくれるであろう。

8色入って100円は安いな

作り方

下準備

届いた白い「面土台」だが、予想通り結構雑な作りをしている。

バリが酷く、このままお面を付けたら、確実に目玉付近や頬に損傷を負ってしまうだろう。

※紙なので結構痛い※

なのでチョキチョキとはさみでバリをとり、一番目の細かいヤスリで角をこすり丸くする。

ユーザーにここまで気を使わせる商品というのもいかがなものかとは思うが、黙々と3つともバリを取る。

※大体とれた※

ビフォー

アフター

全体的に粗がとれたらいよいよ塗りへ。

塗り

当然紙なので、手が滑ったらもうそこで終わりだ。
心地よい緊張感がアドレナリンを運んでくれる。

やっぱりお面には隈取りは外せないので、目の周りから色を塗り、あとは本能の赴くがままに。

※かなりドキドキしている※

金の絵の具もあったので、締めで金のラインを塗っていけば完成。

手の震えもあるが初めてにしては上々。

※初、手書きお面である※

残り2つも同じ要領で作っていく。

仕上げ

できあがったものを5分ほど乾かして、今度は鉛筆画用の防水スプレーでコーティング。

※その名もミニグラフィックス※

紙のお面と水彩絵の具ということで、万が一飲み屋に持って行ったり、小雨降る屋外での使用となったときに不安が残る。
そこで、ちょこっとコーティングをしたほうがよいと判断したのだ。

このコーティング剤、1回撒けばマットな仕上がり、3回撒けばつややかな仕上がりということで、では2回はどうなんだと思いながら3回吹き付けてみる。

相当アルコール臭がきついので、火気厳禁、屋外でマスク必須である。

※乾燥中の風景は、怪しい宗教団体みたいだ※

3回撒いたが、特につややかな仕上がりにも感じず。
だが、きっとこれで防水はなされたはず。

※合わせた風景もやっぱり怪しい宗教団体※

つけてみた感じ

丁度よく我が家に遊びに来た猫背先輩にお面を付けてもらうと、
これはポーズが必要かね!?」と、いつになくハイテンション。

※このとき彼は確かに「ニンッ!!」と言った※

やはりペルソナは人を変えるマジックアイテムらしい。

作るのはぶっつけ本番なのが少々怖いが、防水スプレーも100均のニスを使えばもっと安く済むし、元手もさほどかからないので、気軽に試してみるといいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でカワチヨ.を
スポンサーリンク

シェアする

フォローする?