本気の隠れた名店「SOBAISB いさと」

いさと

シェアする

スポンサーリンク

市川からバスで数分 隠れた名店「SOBAISB いさと」へ行ってみました

姉から連絡が来て、「寒くなる前に出かけるよ。土日空いてない?」と言われた。

何度も言うが、土日は買い出しや犬猫の病院、そして卓球の練習だったり試合だったりで基本的に空いていない。

というか、主婦に予定聞くなら「平日の旦那の居ない時間帯」を指定するのがマナーだと思うのだが、100%キャリアウーマンの姉にそんなことを期待する方が間違っているので、仕方なしに「今度の日曜なら、卓球は旦那だけ試合だしいいよ……というか、そこを逃すとたぶん年内はもう会えないね」とやんわりと腰が引けていることを漂わせたところ、数分後に親戚の叔母から電話。

「あんた、お姉ちゃんに『今年はもう会えない』とか言ったの? だめよ姉妹なかよくしないと~」

責められる私。

……一足先に被害者ぶりやがったな……。

そんな姉と私ですが、とりあえず約束した日曜に指定された市川駅にて落ち合う。

「じゅん菜公園」バス停より徒歩数分

市川駅からバスで15分。

サギ

サギが至近距離に降りる

 

到着したのは「じゅん菜公園」という、池の大きな公園の前で降り、そこから徒歩2~3分。

完全に住宅街の、「住宅」の中にそれはあった。

入り口

これがお店の入口である。

ぶっちゃけ、姉が指をささなければスルーしてましたよ。

ちなみに入る時は「玄関」なので、ちゃんと靴を脱いで上がりましょう。

入り口

普通に「他人様の家」である

初めてだよ。お店に入るのに「お邪魔します」ってつい言ってしまったのは。

まるでおばあちゃんちに来たようなお店

ここは定年退職した老夫婦が経営する「SOBAISBA いさと」

関連ランキング:そば(蕎麦) | 国府台駅矢切駅江戸川駅

一日限定20食までの、本当に「おばあちゃんちにおそばを食べに来た」気分にさせてくれるお店なのだ。

営業日も木曜~日曜と狭いので、あらかじめ電話で予約を取っておくとよいだろう。

因みにお店の中も完全に「おばあちゃんち」だ。

コースを頼むと、初めに焼きみそが出てくるのだが、焼かれた香ばしい味噌の中にそばの実がコリコリと心地よい。

いさと

焼かれたしゃもじの上に乗っている焼き味噌

いさと

そして、カモの肉が中に入った厚焼き玉子の登場。

「そう言えばじゅん菜公園にカモがたくさん泳いでいたな……」とぼんやりと思いつつも、おいしくいただく(ちなみに私は生卵アレルギーなため、ガッツリ焼き込んでもらったものをいただく)

メインのお蕎麦がすごい。

いさと

少々こぶりなおそば

透明感のある蕎麦に、そばの実がそのまま入っているのだ。

店主のおじいさん曰く、「その週によって仕入れ先を変えているんだよ」とのこと。 あと、そばの実は4種類の大きさにふるいをかけて分け、小さいものはそのまま、大きいものは粉にし……と実に手間をかけているとのこと。

客席にどっかり腰をおろして熱弁してくださいます。

デザートもそばがきなんですが、きな粉と黒蜜がかかって、くずもちてきな感じに。

いさと

甘くてとろっとしててモッチっとしている   

斬新です。お店もおじいちゃんも古いけど、メニューがとっても斬新です。

因みにゴマも40グラム400円なんだよ。とか、それはもう熱弁に熱弁を……。

そんな隠れた名店いさとさんですが、一日20食限定にも関わらず、連日売り切れになるそうで、どうやら口コミで大いににぎわい。

ネットなどにも疎いおじいさんが店主にも関わらず、お客さんがネットで宣伝、お客さんが絶えないそうです。

「知らない間に宣伝してもらえるなんざ、ありがたいねぇ」

とのことで、私もブログにて宣伝させていただきました。

メニュー

最後にメニューをチラ見せ。       

本日のおすすめ

関連ランキング:そば(蕎麦) | 国府台駅矢切駅江戸川駅

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。
ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

シェアする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています