--- ---
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちこっち飛び猫

小説を書いたりゲームを作ったり、たぶんマルチクリエイター。お仕事も募集中。

Chiyo's「○○」take

落ち着きのない管理人が色々しでかした冒険日記。たまにはお役立ち情報も
更新はまばらですがお許しを

猫神様に会った時の話

日記

最近、どうでも良い話ばかりが続いているが、現在LUGEプロジェクト&卓球の大会目前にて、メンタル的に落ち着かないので少々堪忍してほしい。

 

堪忍されたついでに、どうでもよい小話を再びさせてもらうが、猫の出産に立ち会ったときの話でも書いたが、私は猫神様に会ったことがある。

まぁ、私が勝手に猫神様と名付けているだけで、恐らく真の姿は単なる「ジャージのばーさん」になるのだろうが、ファーストコンタクトがあまりにも衝撃的だったため、猫神様と認定している。

そのファーストコンタクトなのだが、我が家には家猫5匹に加え、外猫(というか、引っ越し前から地域猫としてうろうろしていた野良猫)が餌をねだりに来るため、朝晩玄関前に餌を置いて、しばらくすると回収する……という生活をしている。

その日も、外からニャーニャーと猫の声がするので、「はいはい」と一人暮らしの老人の如く、よろよろと寝起きの頭を抱えてエサ入れに餌を入れて、玄関を開けた。  

そしたらいた。

f:id:kawashimachiyo:20160401201517j:plain

真っ白な、見事な白髪の老婆がジャージを着こなし、玄関……というか、ドアの真ん前にいた。

どうしてこうも私のドッキリは、本当にドッキリなのだろうか。

「警察」「ホラー」「出会うヒト」「やっちゃった」「お迎え」「俳諧」「痴呆?」など端的な単語が土石流の如く脳内にあふれ出て、私の口から出た言葉が、「猫、足元にいますよ」だった。

 

私の間の抜けた言葉を鼻で笑った老婆は、足元に絡みつく野良猫を撫で、「あんたには猫神様がついているんだよ。もっと猫を可愛がってあげてねぇ」「猫を可愛がる人には、福が来るから。まぁ、宝くじが当たるとかそういったことは来ないけど。はっはっは」と、大量の猫の餌を玄関の前に置き、(しかもイタリア製のお高い奴)、向かいの空き地に止めてあったアウディに乗ってさっそうと去っていったのだ。

神にしてはずいぶんと現実的だが、近所中の猫を足元にまとわりつかせ、去っていくその姿は、私には猫神に見えたのだ。

 

あれ以来一度も会ったことはないし、来訪を受けたこともないが、いい加減あの猫神様がアルマーニのジャージを着ていたことを忘れたい。