--- ---
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちこっち飛び猫

小説を書いたりゲームを作ったり、たぶんマルチクリエイター。お仕事も募集中。

Chiyo's「○○」take

落ち着きのない管理人が色々しでかした冒険日記。たまにはお役立ち情報も
更新はまばらですがお許しを

【日記】体育館のヒーロー【卓球】

この時期、卓球の練習のために使用させてもらっている体育館にもGという頭文字のつく悪魔が出る。

黒くて、テカテカして、秒速50㎝で走るアイツである。

そいつが、転がっていった球を拾おうと体育館のカーテンをめくった瞬間に居たのである。

【広告】





確実に40ミリの卓球の球よりでかい。

無視して練習を再開しても、気になって仕方がない。

というか、ビクっとした私に気が付き、ほかの練習中の人たちもざわめきだしている。

だが、私にはどうすることもできない。

ただただ、ゆっくりと悪魔のいるカーテンから後ずさり……受付に駆けつけることしかできなかった。

 

のんびりとしている受付に駆けつけた私は、ガクガクと足を震わせこう言った。

「悪魔がいます――」

 

顔色の変わる受付嬢。

彼女は受け付けの奥を振り向き、そこに居た警備員と係りの男性に出動命令を要請した。

「はっ!!」と一声、警備員と係りの男性はスプレー缶と虫取り網を持って、体育館へ。

 

私の指さすカーテンの向こうに行った彼らは、「おあっ!!」「デカっ!!」と驚愕の声を上げつつも、悪戦苦闘の戦いを繰り広げだしたのだ。

 

虫取り網を持った一人が悪魔を捕獲し、

 

「捕獲、完了!!」

 

と叫べべば、もう一人が

 

「散布、開始!!」

 

と、ゴキンジェットを盛大にその網に吹きかける。

 

数秒ほど煙をまき散らした二人は、静かになった網を覗き込み、口を揃えて言った。

 

 

「死亡、確認!!」

 

f:id:kawashimachiyo:20160402001247j:plain:w400  

 

なにこれ、カッコイイ。

 

 

 

 

一切の嘘偽りもなく、そんな捕り物劇を目の前で披露してくれた警備員と係りの男性は、びしりと指さし確認をすると、さっそうと去っていったのだった。

今日も、体育館の平和は彼らが守る。

 

 

 

本日のおすすめの一品

「ゴキジェットプロ」

↑たぶんこれが一番効く