カエル(のおもちゃ)の瓶詰飾りを作ってみた!【大人の夏休みの自由研究】

瓶詰め

シェアする

ポリマーで作る「玩具の瓶詰め飾り」の作り方

夏休みの工作なんかにぴったりな「瓶詰飾り」。
すっごく簡単で、私のようにガチャガチャで奇妙なものを見つけると興奮してついやってしまう人にお勧めな、プチ工作(?)の紹介。

スポンサーリンク

用意するもの

①飴とか買ったときにとっておいた、透明なビン。

ビン

②ガチャガチャでとった、やる気のないカエル。
カエル

③先日食べたながらみの殻。

ながらみを食べてみた、その食べ方と感想
ながらみという食べ物……貝をご存じだろうか。鉄腕Dashでも取り上げられたその貝をスーパーで見つけたので、早速食べてみました。その食べ方と感想をお伝えします。

貝

④つぶつぶの消臭剤のやる気のなくなったカス。

ポリマー

因みに、消臭剤のやる気のなくなったカス(私は無香空間を3か月くらい放置したものを使用)、小さくなってカピカピですが、水で戻すとここまで大きくなるので、心配しないで大丈夫です。

ポリマー

絶対に必要なものは、ビンとこのプニプニの消臭剤のカス(本名:吸水ポリマー)の二つ。

中にいれるフィギュアは自分の好きなものを入れましょう。

金魚のフィギュアでもわかめのフィギュアでもミクのフィギュアでも……。

ただし、絶対にプラスチックの偽物を入れてくださいね……。

そして、この吸水ポリマーは消臭剤が小さくなるまで待たずとも、100均の園芸コーナーなんかで、いろんな色のものが売っているので、カラフルにしたい場合等もそっちで買うといいかもしれません。

作り方

さて、材料がそろったら早速作ってみましょう。

1:ビンに吸水ポリマーを薄く敷く

ポリマー

浮いている感を出すために、吸水ポリマーを薄く敷きます。

私はちょっとカラフルにしたかったので、下には100均のカラーのポリマーを敷いてみました。

2:好きなフィギュアを投入

瓶詰め

若干バランスが悪くなっても、後で直せるので、とりあえず下に敷いたポリマーに埋もれないよう「ポン」と置きます。

3:ビンのフチギリギリまで透明なポリマーを詰め、水を入れる。

ともかく、ふちギリギリまでみっちり入れるのがミソ。

特に、消臭剤の使用済みのカスを使った場合は↑でも述べたように、ポリマーが縮んでいるので、加減してしまうのですが、結構水を吸いこんでいくので、遠慮なく水は溢れるくらいに入れてOK。

その際、ずれたフィギュアは箸などで位置調整をして、蓋を閉めちゃいましょう。

瓶詰め

そうしてできたものがこちら。

瓶詰め

まだ吸水ポリマーが水を吸いきっていないので、つぶつぶが残ってますが、しばらくすると……。

瓶詰め

こんな感じに。

因みに調子にのってカエルの上にもあとからカラーポリマーを乗せたらカエルさんの顔面にかぶってしまい失敗失敗。

まぁ、後でいくらでも直せるので、気にせず好きに作っちゃいましょう。

瓶詰め

余談ですが、この得体のしれないビンは「カエンタケ」のフィギュア。

同じくガチャガチャで取りました。

半年くらいしてくると、コケが生えてきたりするので、そうしたら中のポリマーを取り換えるか、洗ってあげると良いのですが、ちょうど無香空間が3~4か月でダメになるので、私はそのサイクルで取り換えています。

無香空間、余すことなく使ってます。

夏休みの工作にでも、一丁いかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!お願いします!!

最新情報をお届けします

普段は小説を書いたり、絵を描いたり、写真を撮ったり、ゲームを作ったりする、創作意欲だけで生きている人間。
ブログの更新は気まぐれですが、お仕事に関しては真面目なので、文仕事・絵仕事等創作のご依頼がありましたら、お気軽に連絡ください。

シェアする

こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています